« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.30

デリー 上野店

『デリーカレー』を食べた。因みに、この写真は『premini-IIS』で撮って送った。今までと特に変わらないね。
050530191418.jpg
東京都文京区湯島3-42-2
03-3831-7311
営業時間 11:50~21:30、無休
地下鉄湯島駅から徒歩3分
http://www.delhi.co.jp/

2005.05.29

premini-IIS

二年振りにメインの携帯電話を『SO505i』から『premini-IIS』(White&Lavender)に買い換えた。FOMAも考えたけど、バカでかいしソニー製がまだないので問題外、今年2月の『premini-II』ではキー形状とカラーが不満だったので見送ったが、『premini-IIS』ではこれらが改善されていたので即購入だ。
premini-IIS
小ささで度肝を抜いた『premini』と比較すると驚くサイズではないが、機能的には妥協がなく、「preminiシリーズの完成形」と言われるだけのことはある。今まで使っていた『SO505i』と比べても、音楽再生機能が増えても薄い(厚さが約半分)のが嬉しい。お気に入りのPOBoxも文字種が一発切換えできるようになり、更に使い易くなった。また、ブログの投稿でよく使う『iショット送信』も、カメラモードからメールボタン長押しでメール添付に切り替わる。全般に細かい改良が随所に見られ、長くソニー製品を使っているユーザーも満足の製品だ。
premini-IIS
オフィシャルサイト

オペレッタ狸御殿

鈴木清順監督の最新作、映画『オペレッタ狸御殿』を観た。チャン・ツィイーとオダギリジョーの競演でも話題になっているが、平幹二朗、薬師丸ひろ子、由紀さおりといった脇役も豪華だ。極め付きはデジタル出演の「美空ひばり」で、動きは限られていたが、ここまでデジタルで再現された登場人物ははじめて。顔はあまり似てなかったが、声が似ていて歌まで歌っていた。その声を担当するのが、テレビでもお馴染みの鈴木松美博士率いる『日本音響研究所』だ。
本編は、鈴木組ならではの豪華絢爛な絵作りで繰り広げられる。しかし、突飛な演出とシュールな展開に付いていくのが精一杯で、これを面白いと観るか否か分かれるところだ。でも、これが鈴木清純監督だからね。御年82歳の監督(スタッフも高齢者が多い)とは思えないダイナミックな作品に、カンヌ映画祭でも好評だったそうだ。確かに外人のほうが割り切って観てくれるので、楽しんでもらえたのかな。

オフィシャルサイト

いんでいら 有楽町店

マリオン裏手にある、渋谷の"いんでいら"の系列店の"いんでいら有楽町店"で『カシミールチキンカレー』を食べた。時間があまりないとき、素早く食べられるので便利だ。スタンドカレーだが味もそんなに悪くない。
050529174340.jpg
http://www.indeira.co.jp/

2005.05.28

康竜 銀座店

自分仕立てラーメン(辛子高菜、きくらげ、特製メンマ、有明のり)を食べた。
自分仕立てラーメン
千代田区有楽町2-3-6
03-3569-0314
営業時間 11:00~翌5:00、土日祝 11:00~翌0:00
地下鉄銀座駅 徒歩2分
http://www.kouryu.org/

ザ・インタープリター

映画『ザ・インタープリター』を観た。シドニー・ポラック監督が、国連を舞台に民族紛争の影で画策される暗殺事件描いたサスペンス。国連職員で通訳を担当するシルビアを演じるニコール・キッドマンと、彼女を守るシークレット・サービスのトビンを演じるショーン・ペンが、渋い演技で緊張感を盛り上げていた。はじめて本物の国連内部でロケを敢行した意欲作になっている。舞台としては興味深いが、必ずしも生かしきれているとは言い難いのが残念。また、ニコール・キッドマン演じるシルビアの設定も、少し無理があったかもしれない。でも、最後まで展開の読めない物語で、全体的には予想以上に面白い映画で満足した。
因みに、ニコール・キッドマンは今まで観た彼女の映画で一番綺麗だった。また、競演のショーン・ペンも渋くてよかったが、キャサリン・キーナーなど脇役も個性的で存在感があってよかった。
結構、登場人物の人間関係やストーリーが複雑で、設定もあまり馴染みがないだけに、集中して観ないと分かり難い。疲れた身体(この日はフィールド・アスレチックをやった帰りだった)にはちょっと辛かった。

オフィシャルサイト

有楽座

『ニュー東宝シネマ』が生まれ変わって出来た『有楽座』に行った。赤いカーテンが印象的だ。ちょっとゴージャスな雰囲気になっていて、少し驚いた。因みに、最近流行の全席指定席になっているので、前売り券は1Fで当日券に引換えて行こう。
050528215343.jpg
東京都千代田区有楽町2-2-3 ニュートーキョービル3階
03-3571-1946
JR山手線有楽町駅から徒歩3分

清水公園

今日は清水公園に行った。天気も良かったし、緑豊かで気持ちよかった。
050528142840.jpg
千葉県野田市清水906番地
04-7125-3030
東武野田線 清水公園駅下車 徒歩5分
http://www.shimizu-kouen.com/index.html

続きを読む "清水公園" »

2005.05.24

ボンベイ

ペアカレー(ベンガル・キーマとダール・マッカニー)&ラッシーを食べた。実は体調が悪かったが、カレーは発汗作用があり良いと思ってたけど、結局残してしまった。無理は出来ないね。
050524120631.jpg
東京都新宿区西新宿1-18-13近江ビル1F
03-3348-3724
営業時間 朝11:00~夜10:30(LO夜9:45),[日]~夜10:00(LO夜9:00)、無休
JR新宿駅南口から徒歩3分
http://r.gnavi.co.jp/g168800/

2005.05.22

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

ジム・キャリー主演の映画『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』を観た。最近はシリアスな役が多かったジム・キャリーだが、久し振りに個性的でハチャメチャな役を楽しんでいるようだ。脇役でメリル・ストリープやジュード・ロウも出演しているが、それぞれジム・キャリーに負けない個性的なキャラクター(特にメリル・ストリープは意外)を演じている。三人の子役も可愛くてユニークで好きだが、中でも噛み付き赤ん坊のサニーが面白い。あの強靭な歯で、もっと活躍して欲しかった。映像やシチュエーションなど各シーンは面白かったが、全編を通してみると中途半端な感じがする。予告編が面白く期待していたので、ちょっと残念だった。

オフィシャルサイト

オールドデリー

銀座二丁目のメルサ4Fにある北インド料理店。場所柄、店内も陶器風の器も結構おしゃれな感じ。南インド料理の『アジャンタ』と比べると、カレーはちょっと粉っぽい感じだ。オーダーする時に辛さを聞かれたので"普通"と答えたら、マイルドながらもピリッとした辛さが残っていてちょうど良かった。ナンはもう少しもっちり感があると嬉しい。
因みにいつも行く『デリー』とは関係ない。(デリーはインドの首都だから『東京○○』と言う様なものだね)
オールドデリー
東京都中央区銀座2-7-18 銀座2丁目メルサ4F
03-3535-0021
営業時間 11:00~21:30(L.O.21:00)、不定休
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅9番出口 徒歩1分
http://www.old-delhi.co.jp/

この神聖なお転婆娘

DVDでブリジット・バルドー主演の映画『この神聖なお転婆娘』を観た。『殿方御免遊ばせ』の前年に同じミシェル・ボワロン監督が作ったラブ・コメディで、本作でもまだ幼さの残るBBの魅力満載だ。
自動車を運転すれば事故を起こし、アイロンをかければ家を焼いてしまう、警官に罵声を浴びせて留置場に入れられる(しかも留置場で踊っている)、でも、すべて小悪魔的な魅力で許される。そればかりか、周りの皆が彼女のペースに巻き込まれていってしまう。幼い頃からバレエを習っていた彼女が、様々な場面で踊る姿を観るだけでも楽しくなってしまう。
この神聖なお転婆娘
Amazonで購入

殿方ご免遊ばせ

DVDでブリジット・バルドー主演の映画『殿方ご免遊ばせ』を観た。フランス首相の娘の恋愛模様を軽快に描くラブコメディで、20代前半のブリジット・バルドーの魅力が存分に発揮されている。とにかく、コケティッシュとは彼女のためにあるような言葉で、悪戯っぽい眼差しと、どんな悪さをしても許される愛らしさ。最近のアイドルなんて、単なる一般人にしか見えない。彼女の他の作品も観たくなってきた。
因みに、今は『ブリジット・バルドー財団 (FONDATION BRIGITTE BARDOT)』を作って動物愛護活動に専念しているらしい。知らなかった。

Amazonで購入
FONDATION BRIGITTE BARDOT pour la protection de l'animal sauvage et domestique

勝手にしやがれ

DVDでジャン=リュック・ゴダール監督の『勝手にしやがれ』を観た。ゴダールの長編第一作であり、ヌーヴェルヴァーグを代表する傑作だ。ハリウッドと対極を成すフランス映画で、散文詩のようなセリフ、モノクロ映像に手ブレを気にしない手持ちカメラ、即興演出やジャンピング・カット編集など、素人作品のようだが誰にも真似が出来ない。(自分も昔8mm映画を作っていたので良く分かる)すでに様々な人に語りつくされた作品が、改めて観ても傑作としか言いようがない。
勝手にしやがれ
主演のジャン=ポール・ベルモンドの格好良さ、ジーン・セバーグの可愛さ、そして1950年代のパリの街並み(シトロエン2CVが普通に走っている)が何とも言えない。他のことをしながらBGV代わりに3回も続けて観てしまった。

Amazonで購入

2005.05.21

グレン・グールド27歳の記憶

DVDで映画『グレン・グールド27歳の記憶』を観た。原題は『Glenn Gould : Off the Record/On the Record』(1959年/カナダ)でOff/Onそれぞれ30分弱、合計1時間にも満たない記録映画だ。しかし、20代のグレン・グールドを記録した貴重なフィルムであり、ファンにとっては必見の映像と言える。楽しそうに、そしてハミングしながらピアノを奏でるグールドの姿は、CDジャケットの無表情な写真からは想像ができない。また、映画の中では不完全ながらもレコード録音すらしていない演奏も多く、興味の尽きない映像だ。
Glenn Gould
32歳でコンサート活動から身を引きレコード録音に専念したので、実際に生演奏を聞いたことがある人は少ない。矢野顕子の友達で、グールドの生演奏を聞いた人がいるらしいが、本当に羨ましい。

Amazonで購入
The Glenn Gould Foundation

2005.05.20

ジョリーパスタ

『厚切りベーコンとベビーアスパラガスのアラビアータ』を頼んだら、色合いがキレイだったので思わず写真を撮ちゃった。
050520225218.jpg

2005.05.19

NAOMI YOSHIMURA LIVE 2005 APHRODITE

渋谷O-Westで行われたNAOMI YOSHIMURA初の全国ワンマンライヴツアー『NAOMI YOSHIMURA LIVE 2005 APHRODITE』に行った。想像以上に熱狂的なファンが多く、最初から最後まで盛り上がっていい雰囲気だった。中でも、NAOMI本人が一番楽しんでいた。(MCはちょっとくどかったなぁ)楽曲は個人的にはイマイチだったのと、若者が多くてちょっと居心地は悪かったけど、楽しいライブで良かった。
2階には彼女のプロデューサのドリカム吉田美和がいた。(見えなかったけど...)

オフィシャルサイト

2005.05.18

デリー銀座店

銀座店だけのサービス今月のカレー「パンチコフタカレー」を食べた。"DELHI NEWS"によると「パンチは数字の5、コタフは団子です。人気のシークカバーブを団子にしたカレーです。マトンだけでなく、チキン、じゃがいも、豆、チーズの5種類の団子のカレーです。」とある。辛さ控え目で肉団子でボリューム感がある。ただ、個人的には辛さが足りなく、肉団子も十分に味が滲みてないのがイマイチかな。来月はキーマパーラック(ラムひき肉とホウレン草のカレー)だ。
050518204723.jpg
中央区銀座6-3-11 西銀座ビル3F
03-3571-7895
営業時間 11:30~(L.O.21:30)、土日祝11:50~(L.O.21:30)、無休(年末年始休)
東京メトロ銀座線銀座駅C2出口より徒歩3分
http://www.delhi.co.jp/

2005.05.16

デリー上野店

カシミールカレーで、気合いだ!
050516205540.jpg
東京都文京区湯島3-42-2
03-3831-7311
営業時間 11:50~21:30、無休
地下鉄湯島駅から徒歩3分
http://www.delhi.co.jp/

2005.05.15

advantage Lucy/hot spring tour vol.1

渋谷O-Nestで行われた「hot spring tour vol.1」に行った。ソロではなかったが、お目当てのadvantage Lucy、念願のaiko嬢の生歌を聴くことができた。期待通りいい。MCでは交通事故(大事でなくて本当に良かった)の話からニューアルバム告知!、そしてアンコールではアルバム収録曲になる新曲「赤い夏」まで披露してくれた。短いながらも満足いくライブだった。ニューアルバムが出たら、是非、ソロライブをやって欲しい。
050515230939.jpg
オフィシャルサイト

釜めし春

定番の鳥釜めしを食べた。釜めしで美味しいのが、ほど良く焼けたこのお焦げ。これを楽しみに釜めしを食べると言っても過言ではない。
050515164037.jpg
台東区浅草1-14-9
03-3842-1511
営業時間 11:00~(L.O.21:00)、不定休
東京メトロ銀座線浅草駅1番出口より徒歩5分
http://asakusa-noren.ne.jp/shop/kamameshiharu.html

2005.05.14

Polaris/Live at 日比谷野外音楽堂2004/9/25

PolarisのライブDVD「Live at 日比谷野外音楽堂2004/9/25」を観た。日比谷野外音楽堂で行われたPolaris Tour 2004 ”cosmos” FINALのライブ映像を収録した初のライブDVDで、ノーカット2時間半を越える。メンバーのオオヤユウスケ(Vo/G)、柏原譲(Bs)、坂田学(Ds)に加え、サポートゲストとして原田郁子(クラムボン)宮田誠(コルコバード)が、スぺシャルゲストとして茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ)永積タカシ(ハナレグミ)が参加している。

夕方、日が落ちる直前を見計らったようにして始まる。観客が手渡されたシャボン玉を一斉に吹いて、客先からステージの上空を舞ってとてもキレイだ。そんな中でPolarisの"ゆるい音楽"が演奏される。彼らほど夕暮れ時が似合うアーティストも少ないと思う。2曲も演奏するとすっかり日が落ちて、今度は照明がステージを彩っていく。中盤は、茂木欣一が参加して坂田学さらには宮田誠とのツイン~トリプルドラムで盛り上がる。坂田学と言えば、3月にPolarisを脱退してしまった。メンバーの中で一番好きだったので、大変残念だ。アンコールでは、プラネタリウムの中にいるようなステージで「コスモス」が歌われる。そして最後には、メンバーの3人だけで「星と願うなら」で終わる。Polarisのライブは何度か行ってるけど野音は会わないと思っていたが、全然そんな事なかった。いつも通り淡々とした音楽で、いつまでも続いて欲しいと思えるライブだった。

Amazonで購入
オフィシャルサイト
「Live at 日比谷野外音楽堂 2004/09/25」特設ページ

2005.05.13

アジャンタ

アジャンタ麹町本店に行った。いつもは、マトンカレーだが、今日は気分転換にチキンカレーにした。アジャンタでチキンカレーを食べるのは、本当に久し振りだ。チキンカレーは期待通り美味しかったが、ナンは少し焼き過ぎでふっくら感が少なくてイマイチだった。
050513211447.jpg
千代田区二番町3-11 ニューテシコビル
03-3264-6955
営業時間 24時間営業、無休
東京メトロ有楽町線麹町駅5番出口より徒歩1分
http://www.ajanta.com/

皇居外苑/二重橋前

時間が空いたのでちょっと二重橋前の皇居外苑を散歩してみた。周りを見渡すと随分と緑が綺麗、久々で緑に囲まれて気持ちが良い。皇居二重橋前と言えば、昭和天皇崩御の時に思いつきで記帳しにきた事がある。周りの道路には自動車(観光用の二階建てバスも走っていた)がひっきりなしに通っている。そんな東京の中心にこれだけの緑があるのって、なんか嬉しい。今度は時間を作って、もっとゆっくり過してみよう。
050513144750.jpg

らあめん永楽

丸の内ビルディング地下のラーメン屋「らあめん永楽」に行った。何の特徴もない普通の味噌味だった。(と思ったけど、インターネットで調べたら全然違っていた。)ところで、建て替え前は丸の内ビルヂングだったと思うけどなぜ変えたのかな?
050513143218.jpg
千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 地下1階
03-3201-3363
11:00~15:10、17:00~20:40、日祝 11:00~19:40、無休
JR山手線東京駅(徒歩5分)

2005.05.12

土手の伊勢屋

久し振りに創業は明治22年の「土手の伊勢屋」で、天丼(ハ)となめこ椀を食べた。今日食べた「ハ」は、エビ2尾、エビかき揚、穴子、みょうが、しし唐、そして季節物のたけのこだった。丼から溢れカリッと揚がった天麩羅に、濃い口のタレが美味しい。
050512185015.jpg
台東区日本堤1-9-2
03-3872-4886
営業時間 11:30~(L.O.14:00)、17:00~(L.O.20:00)、水休
東京メトロ日比谷線三ノ輪駅3番出口より徒歩8分 吉原大門の交差点に向かう

2005.05.11

ロスト・イン・トランスレーション

DVDで映画「ロスト・イン・トランスレーション」を観た。2003年度のアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞し、オール東京ロケで話題となった作品だ。主演のビル・マーレイがいい味を出しているし、スカーレット・ヨハンソンもかわいい。
本来は、ソフィア・コッポラ監督の個人的な映画だと思うが、新宿や渋谷の見慣れた街並みが出てくるでの、日本人のために作られた作品のような気がした。公開当時は舞台になった渋谷で観たので、映画館を出ると同じ街並みがあり不思議な感じだった。DVDを日本語でリラックスして観て、改めて「東京って面白い街だ」と思った。エンドロールで流れる「風をあつめて」がぴったりだ。

Amazonで購入
オフィシャルサイト

デリー

デリー上野本店で、デリーカレーを食べた。前まで骨付きチキンだったが、今日は骨なしだった。食べやすかったけど、変わったのだろうか?
050511211812.jpg
東京都文京区湯島3-42-2
03-3831-7311
営業時間 11:50~21:30、無休
地下鉄湯島駅から徒歩3分
http://www.delhi.co.jp/

2005.05.10

空風街LIVE

空気公団のライブDVD「空風街LIVE」を見た。空気公団第1期(メンバーの石井敦子が脱退する)の最後を飾る、渋谷クアトロ(2004/4/18)のライブを収めたDVDだ。当時チケットが取れなくて行けなかったので、行ったつもりでDVDを堪能した。細かい所まで拘ったライブ構成・演出が興味深い。

Amazonで購入
オフィシャルサイト

2005.05.07

エレニの旅

ギリシャの巨匠テオ・アンゲロプロス監督の映画「エレニの旅」を観た。テオ・アンゲロプロス監督と言えば学生時代に見た「旅芸人の記録」が懐かしい。当時、ギリシャ映画も始めてだったが、4時間弱(232分)の長さに圧倒された。しかし、当時は酷く退屈な映画としてしか記憶になかった。本作も、3時間弱(170分)と長いが、飽きずに見ている自分に驚く。面白いとは言い切れないが、興味深い作品だった。歴史的背景を知っていると、もっと楽しめただろう。

オフィシャルサイト

蓬莱屋

上野の蓬莱屋で、ヒレカツ定食を食べた。この店は、大正初年に創業の老舗で、上野のとんかつ御三家のひとつとして知られている。また、小津安二郎も通い映画「秋日和」では“松坂屋の裏のとんかつ屋”として語られている。以前は、双葉の方が好きだったが最近は蓬莱屋が良い。何故だろう?
ESDによると、若い人が揚げる時もあり味が違うそうだ。今日はいつもの二代目だったので当たりかな。(串かつは、若い人が揚げるようだ)
蓬莱屋
台東区上野3-28-5
03-3831-5783
営業時間 11:30~13:30、17:00~19:30、日祝11:30~13:30、16:00~19:00、火11:30~13:30、水休
東京メトロ銀座線上野広小路駅より徒歩1分
http://www11.ocn.ne.jp/~houraiya/
ESD:エンゲル係数向上委員会ソフトウェア分科会ホームページ

2005.05.06

永遠のハバナ

映画「永遠のハバナ」を観た。ドキュメンタリーともフィクションとも区別が付かず、セリフやナレーションなどを一切排除した不思議な映画だ。無名の登場人物たちの一日が、リアルに描かれている。あまりにも淡々と描かれるので、最初は退屈な映画だなと思ったが、次第に登場人物がリアルに感じられるようになって、次の展開を期待して観ている自分に気が付いた。最後に登場人物のプロフィールと夢が語られる。ささやかだが夢を持って生きる、ハバナの人々の生きる喜びに共感した。良い意味で、期待を裏切られた。

オフィシャルサイト

コーヒー&シガレッツ

ジム・ジャームッシュ監督の映画「コーヒー&シガレッツ」を観た。この映画は、コーヒーとタバコをテーマに18年間に撮りためた11本の短編集でなっている。すべてモノクロ、1シーンだけで成っている不可思議だが、ジム・ジャームッシュ監督らしい作品だ。

オフィシャルサイト

初小川

初小川でうな重(上)と肝吸いを食べた。相変わらず甘辛い濃い口のタレが美味しい。今日は寒かったせいか、店の猫が店から出なかった。あの猫は鰻を食べるのだろうか?
初小川
東京都台東区雷門2-8-4
03-3844-2723
営業時間 12:00~14:00、17:00~20:00(日祝は夜のみ)、不定休
地下鉄浅草駅から徒歩4分

2005.05.05

海を飛ぶ夢

映画「海を飛ぶ夢」を観た。"尊厳死"を正面から捕らえた実話に基づく作品「アザーズ」でハリウッド監督としてデビューを果たしたアレハンドロ・アメナーバル監督が、本国スペインに戻って製作した最新作だ。この重いテーマをまだ32歳アメナーバル監督がどのように描くのか気になったが、主人公のラモン・サンペドロが窓から海に向かって飛翔する幻想的なシーンを交えながら、様々な形で関わる人達を淡々と最後まで描ききっている。信じられないのが、50代の主人公を30代前半のハバエル・バルデムが演じていることだ。特殊メークをしているとは言え、テーマがテーマだけに演じきるのは並大抵のことではないはず。考えさせられながらも、久々に心に残る感動作だ。シネマスコープサイズ(縦横比が1:2.35)のスクリーンに描かれる映像が美しい。是非、映画館で観てほしい作品だ。

原作本「海を飛ぶ夢」をAmazonで購入
オフィシャルサイト

神田薮蕎麦

神田藪蕎麦で、天抜きとせいろう二枚を食べた。せいろうを食べる合間に、三つ葉がたっぷりの天抜きを食べるとアクセントになって美味しい。いつも"神田薮蕎麦"って書いているけど、レシートを見ると"かんだやぶそば"が正式店名のようだ。
神田薮蕎麦
東京都千代田区神田淡路町2-10
03-3251-0287
営業時間 11:30~19:30、無休(季節休業あり)
地下鉄淡路町駅から徒歩3分

玄箱で遊ぼう!!

書籍「玄箱で遊ぼう!!」(Debian GNU/Linux 3.0 玄箱 Edition CD付き)が出た。玄箱(KURO-BOX)は、玄人志向が販売するNAS用BOXで、主な仕様は、CPU:PowerPC 200MHz、RAM:64MB、Flash ROM:4MB、100BASE-TX/10BASE-T×1ポート、USB2.0×1ポート、Linux(Kernel-2.4.17)搭載となっている。このLinuxベースと云う所がミソ、ハックする楽しみがあるハードだ。中には、Oracle RACまで動かした事例がある。しかし、情報が少ないのが難点で、主に、「LinkStation/玄箱をハックしよう」「玄箱うぉううぉう」などのインターネット上の情報を探しながら、あとは自分でやってみる(ハックしてみる)しかなかった。そんな情報を集めたのが本書だ。年末に買ったけど隅っこで眠っている玄箱を引っ張り出して、本書を見ながらもう一度チャレンジしてみよう。

Amazonで購入

スチームボーイ/メモリアルボックス

DVDで映画「スチームボーイ」を観た。CGとは違うフルデジタル映像としてのコンピュータとアニメの融合(セルアニメと違い無数の色が使える、中間色が見事にアニメートされている、幾重にも重ねられた映像 等)は、DVDで繰り返してみると改めてその素晴らしさに気付かされる。(月刊ASCII記事参照
映画館で観た時は、子供向けの作品には思えなかったけど、改めてDVDで観ると「科学と心と夢」「親子」「科学技術と戦争」といったテーマをこれからの50年を担う子供達に伝えようとしていることが伝わってきた。上映初日に渡辺繁プロデューサーは続編(「スチームガール」?)を宣言していたので期待して待とう!

Amazonで購入 / 通常版
オフィシャルサイト

2005.05.04

"MUSIC DAY 2005 BARFOUT! presents"コンピレコ発記念 authentica night special

渋谷DUO Music Exchangeで、"MUSIC DAY 2005 BARFOUT! presents"コンピレコ発記念 authentica night special に行ってきた。このイベントは、雑誌「BARFOUT!」が提唱したコンピ・アルバム『authentica』発売記念で、このアルバムに参加した31組のうち、モダーン今夜他総勢10組が出演した。でも、30分遅れていったのでお目当てのモダーン今夜を聞き逃してしまった。で、実際に聞いたのは、湯川潮音NIRGILISflex life安藤裕子ナチュラル ハイサンタラの6組(それでも3時間以上の立ち見で疲れた...)。中でも、安藤裕子(ルックスも良い)は人気実力共一番だったが、flex life(ボーカルのパフォーマンスが秀逸)のアコースティックな音楽や、サンタラ(ギターが格好良い)のブルースも、CDよりライブで聴くと数段良かった。

Amazonで購入
レコセル - コンピレーションアルバム『authentica』リリース記念 スペシャル企画
渋谷DUO Music Exchange
東京都渋谷区道玄坂2-14-8
03-5459-8711
JR線・京王井の頭・東急東横線・新玉川線・東京メトロ銀座線・半蔵門線 渋谷駅 ハチ公口より徒歩10分
http://www.duomusicexchange.com/

2005.05.03

お台場明石城

フジテレビのTV番組「お台場明石城」が興味深い。動く城として、テレビ史上初、テレビ欄のあらゆる時間帯を自由自在に動き回る攻撃型プログラムとなった。

オフィシャルサイト / ウィキペディア(Wikipedia)

2005.05.02

La Boheme

La Boheme銀座へ行った。青じそと小海老のパスタ(左)とシーフードジェノベーゼピザ(右)を食べた。イタリアン風ラー油(=普通のオリーブオイルの事)が美味しかった。
La Boheme
東京都中央区銀座6-4-1 東海堂銀座ビルB1
03-3572-5005
営業時間 午前11:30~翌午前5:00、無休
JR「有楽町駅」から徒歩5分

阿修羅城の瞳

映画「阿修羅城の瞳」を観た。映画としては、イマイチの出来だった。きっと舞台向きの話なんだろう。漫画世代の脚本らしく(この辺が「劇団☆新感線」か?)、何の説明もなく突飛な技が繰り広げられる。結局、最後までストーリーに入り込めないまま終わってしまった。

オフィシャルサイト

銀座鹿乃子

銀座鹿乃子に行った。近くは良く通るけど、店に入ったのははじめてだ。ちょっとお腹が減っていたので、お茶漬けを食べたが、せっかくだから鹿乃子あんみつを食べればよかった。

中央区銀座5-7-19
03-3572-0013
営業時間 11:30~20:30(L.O.20:15)、金土祝前11:30~21:00(L.O.20:45)、無休
東京メトロ銀座線銀座駅より徒歩1分
http://homepage3.nifty.com/kanoko/

コンスタンティン

映画「コンスタンティン」を観た。アメコミ原作のオカルトSF映画。オカルトの恐怖感を残しつつ、独自のリアリティを持たせるストーリーで新鮮で面白かった。最初は、同じキアヌ・リーブス主演のマトリックスの二番煎じになってないかと思ったが、そんな危惧は必要ない。特に、作品全体の雰囲気を醸し出すプロダクション・デザインが素晴らしい。続編を思わせる終わり方で、今後が気になる作品だ。

オフィシャルサイト

2005.05.01

コーラス

映画「コーラス」を観た。「WATARIDORI」のジャック・ペラン製作のフランス映画だ。寄宿舎を舞台に教師と生徒達が、歌を通して心を通い合わせるまでを描いている。21世紀の「チップス先生さようなら」か。予想通りのストーリーだが、素直に感動できる作品だ。

つばめグリル 銀座店

つばめグリルで、つばめ風ハンブルグステーキを食べた。最近は、ジャーマンハンバーグを頼む事が多いので久し振りだ。でも、もう少しハンバーグに火が通っている方が良かった。
つばめグリル
東京都中央区銀座1-8-20
03-3561-3788
営業時間 11:30~22:15、無休
地下鉄銀座一丁目駅からすぐ
http://www.tsubame-grill.co.jp/

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »