« グルガオン | トップページ | アリゾナキッチン »

2005.06.11

ミリオンダラー・ベイビー

クリント・イーストウッド監督の映画『ミリオンダラー・ベイビー』を観た。クリント・イーストウッド 、ヒラリー・スワンク 、モーガン・フリーマンらの演技がすばらしく良かった。特に前半は、ドキュメンタリーを観ているに淡々と物語が進み、ヒラリー・スワンクとクリント・イーストウッドが本当のボクサーとトレーナーに見えてきた。後半は賛否両論あるように、僕もあまり好きなストーリーではない。だが『ミスティック・リバー』でもそうだったように、クリント・イーストウッド監督から「これが人生ってものだ」と言われているような気がした。それは主人公のマギーだけでなく、登場人物すべてに言える。"結果が悪かったからダメな人生"と言うのではなく、"自分で納得いく人生を送れたか"が大切だと言いたいのだろう。最近、個人的にいろいろ悩みが多く、この点に強く共感した。

ミリオンダラー・ベイビー - Wikipedia

« グルガオン | トップページ | アリゾナキッチン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。コメントありがとうございました。

>"自分で納得いく人生を送れたか"

フランキー、マギー、スクラップそれぞれ
違った考えだけど、
本当にあ~るさんが言われた事を思いました。
どれが良いか悪いかじゃなくて、
自分が納得する人生・・・

最終日に飛び込んで、見てきました。

重いテーマでしたね。前半は苦手でした。あまり、格闘技は好きではないので、どうしよう?って思ってしまいました。でも、後半・・こんな事が起こるなんて・・人生って一つとして同じものが無いんだけど・・納得する人生・・妥協もしたくないし。。難しいですね!
色っぽくもない映画でしたが、感動しました。

takaさん、コメントありがとうございます。

本当に重い、難しいテーマの映画でしたね。
でも、決して非現実的ではなく、現実と隣り合わせの出来事だってのが、観ていて辛かったです。
そういった意味で、今までにない映画だったと思いませんか。
また、面白い映画を観たら、コメントください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/4515215

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオンダラー・ベイビー:

» ミリオンダラー・ベイビー [気ままな自問自答]
アカデミー賞、主要4部門を獲得した作品。 クリント・イーストウッド演じる、ジムのオーナー、フランキー。 モーガンフリーマン演じる、トレーナーのスクラップ。 ヒラリー・スワンク演じる、女性ボクサーのマギー 主要のこの3人が、完璧な演技をする内容の濃い作品。 フランキーに師事されるためにマギーは 素人で貧乏だが、必死に貯めたお金でジムに通い続ける。 フランキーは最初、追い出せとスク�... [続きを読む]

» MILLION DOLLAR BABY [永遠より長いキス]
映画に行きました。 そんな気分じゃなかったんだけど 見せたい映画があると言われ シブシブ行って来ました(ーー;) 第77回アカデミー賞 作品・監督・主演女優・助演男優賞受賞 「ミリオンダラー・ベイビー」 スポーツの映画って苦手… そう先入観をもってました。 でもこの映画は違いました。 ただのスポーツの感動物語ではない。 人生のすべてが凝縮されたような… 自分の人生考えさせられました。 ... [続きを読む]

« グルガオン | トップページ | アリゾナキッチン »