« 銀之塔 | トップページ | デリー上野店 »

2005.07.31

ライフ・イズ・ミラクル

映画『ライフ・イズ・ミラクル』を観た。旧ユーゴスラビア出身の、エミール・クリトリッツァ監督の最新作だ。1992年ボスニア紛争真っ只中、ボスニア・ヘルツェゴビナの国境近くの村を舞台にした寓話的な映画だ。現実と非現実ぎりぎりの所で起きるドタバタ劇は、単なるコメディーに終わらない。実際に起きうる戦争の悲劇が常に見え隠れし、そんな状況の中、精一杯生きることを楽しむ人々の姿が力強い。
以前観た、同監督の『黒猫・白猫』と同様、独特の展開で先の読めないストーリーと、動物たちの豊かな演技力が重いストーリーを軽快に見せてくれる。でも、本当に凄いよ、動物たち(ロバ、熊、犬、猫、はと、アヒル、ねずみ、鷹...)の演技は!

オフィシャルサイト

« 銀之塔 | トップページ | デリー上野店 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/5253507

この記事へのトラックバック一覧です: ライフ・イズ・ミラクル:

» 『ライフ・イズ・ミラクル』’04仏・セルビア・モンテネグロ [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
毎月1日は大阪府下の映画館では、映画サービスデーということで梅田スカイビル4Fにある梅田ガーデンシネマで、映画を観て来ました。いわゆるミニシアターです。『皇帝ペンギン』も観たかったが、時間的にこちらとなった。監督はパパは、出張中!、『アンダーグラウンド...... [続きを読む]

« 銀之塔 | トップページ | デリー上野店 »