« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | Google Blog Search »

2005.09.14

Be Cool

ジョン・トラボルタ主演、ユマ・サーマン共演の映画『Be Cool』を観た。ストーリーがどうのこうのというより、キャラクター勝負の映画。何の説明もなく唐突な展開に、最初はかなり戸惑ったけど、途中からストーリーや設定はどうでもよくなった。主演のトラボルタからクリスティーナ・ミリアン、エアロスミスまで、強烈な個性のぶつかり合いでドラマが成立している。それがこの映画の魅力だよね。でも、音楽業界ってあんなに怖いの!?
Be Cool
オフィシャルサイト

« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | Google Blog Search »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ~るさん、いつもどうもです。
個人的には、話はどうでもよくて、トラとユマのダンスシーンとエアロスミスのライブが観られただけでもう十分です。
確かに、音楽業界怖すぎでしたね。

さばきちさん、こんばんわ。
最初から話を無視していれば、面白く観れますね。
でも『ゲット・ショーティ』を観てた人、ほとんどいないんじゃないかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/5945962

この記事へのトラックバック一覧です: Be Cool:

» なんでもありのエンターテイメント映画◆『BE COOL/ビー・クール』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
8月30日(火) 試写会にて ジョン・トラボルタが、取立て屋から映画プロデューサーに転身するという作品、『ゲット・ショーティ』(1995年)の続編。「続編」であることを前面に出すと客足が遠のくことを意識してか、公式サイトにも、宣伝用のチラシにも、そのことに関して...... [続きを読む]

» Be Cool [ひとりごと]
まさにBeee!!Coooool!!!てな感じの映画。 「ゲット・ショーティ」という映画の続編らしい。私は未見です。 前作ではチンピラから映画プロデューサーに成り上がったチリ・パーマーが、今度は音楽業界に殴りこみ。悪徳プロデューサーの下で才能を埋もれさせている無名シンガーのリンダを、なんとかスターにしようとする。 話的にはどうってことないです。 トラ演じるチリ・パーマーのサクセスス�... [続きを読む]

» #32:ビー・クール [*KAZZの呟き*]
KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーティ』の続編に当たる映画です 前作では、金貸しから映画プロデューサー...... [続きを読む]

» タランティーノ監督ヘのオマージュか?《Be cool》 [アロハ坊主の日がな一日]
待ちに待っていた『Be cool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映画プロデュー サーに転向したチリ・パーマ(ジョン・トラボルタ)の サクセスストーリー。ノリは『パルプ・フィクション』 に似ている。 今回の『Be cool』は、チリ・パーマが音楽プロデュー サーで一旗あげるというストーリー。前作より一段と面 白さが増している。 ... [続きを読む]

» 「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのはこの試写会がはじめてかも…w。ちなみに東郷かおるこさんのトークショーが試写の前にあり色々ネタGET。 {/kaeru_en1/}STORY 日... [続きを読む]

« ふたりの5つの分かれ路 | トップページ | Google Blog Search »