« ダロワイヨ 銀座店 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド »

2005.10.22

今日銀座で...

DSC00729中央通りを何気なく歩いていると、黒いとんがり帽子に箒を持った小さい魔女達(男の子も、ちょっと大きな子もいたけど)がオレンジの風船を持って歩いていた。一目でハロウィーンのそれと分かるが、帽子だけでも目立つのに箒までまっているなんて、ビックリ!
よく出来てるなあと思っていたら、実はハロウィーンに合わせてイベントとして無料で配っていたらしい。(どこが主催しているかは不明だった。)
DSC00731 DSC00735-s DSC00732 DSC00736-s
イベントで風船を配っていることは良くあるが、それだけじゃなく魔女の帽子に箒まで配るところがしゃれている。大勢の親子が歩行者天国で、貰った帽子と箒を付けた子供の写真を撮っていた。暫くは、中央通りに大勢歩いていてユニークな光景で面白かったが、映画を観たあともう一度通ると、誰もいなくなってしまったのが少し残念。

今週は毎日銀座に来ていたが、今日は特にいろいろとあった。

ノンアスベスト社会数寄屋橋の街頭では「ノンアスベスト社会」を目指す署名運動を行っていたので、気軽な気持ちで署名をしたらNHKにインタビューされてしまった。しかも今日の7時のニュースで放映されたらしい。(自分では見てないけど)思わぬところで、テレビデビューしてしまった。

『伊東屋』の中2Fで万年筆を見ていると、奥のガラスケースに『カミソリ倶楽部』「耳掻き(スクリュータイプ)」があった。以前テレビで見て気にかかっていた製品だったので、思わず買ってしまった。家に帰ってからさっそく使ってみたが、スクリューになっている部分が直角に耳垢を掻き出すのが判る。ただ、金属が当たるのが気になって、自分では思い切って掻き出せなかった。使うのに少々慣れが必要そうだ。
伊東屋 耳掻き(スクリュータイプ)

『山野楽器』ではフェイマス社(バンド『Double Famous』の名前の由来にもなっている)の[FAMOUS50周年記念 ウクレレセット]を買った。本体の他にケース、CD付き教則本、ストラップ、ステッカーまで付いて18,900円と格安、入門用にはピッタリ。C、F、G7を覚えて1曲弾けるようになるのが目標。でも、他の人に聞かせることはないだろうなぁ...
山野楽器 ウクレレ・セット

« ダロワイヨ 銀座店 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ~るさん、ウクレレ買ったんだぁ。
ウクレレって楽器は簡単に弾けば実に簡単で
難しく弾くと泥沼状態になるぐらい難しいです。
だから、気楽にポロロンとね。

ボクのウクレレの調整は4万円もかかった(泣

そうなんです、あまりにも手頃のがあったんで、
思い切って買っちゃいました。
(教則本付きってのが、僕にピッタリ)
実は小学生の頃に縦笛も満足に吹けないほど、
本当は楽器は大の苦手なんで、全く自信なし。(^_^;)
だから、気楽にポロロンとしか考えてません。
(なので、他の記事に混ぜてこっそり...)

しかし、調整だけで4万円て凄いですね!
noriさんのことだから、もうプロ級なんでしょうね。

ん~、調整だけで4万円は高いよなぁ。
ウクレレ1本買えちゃうもんね。

http://www.ukuleledisco.com/
ここでウクレレ楽しんで下さい。
Jakeのバカテクニックも見られますよ。

ボクは元々ギター弾いてたんで、すぐに覚えちゃいました。
でも、弦の数が少ない分、ギターと同じ事を
やろうとすると難しいです。

サイトの紹介ありがとうございます。
Jakeはやっぱり凄いなぁ。
なんであんな風に指が動くんだろう。

それと Ukulele Man が最高!
ファンになっちゃった。

このサイトの登場人物は、みんなテクニックに
走ってなくて心からukuleleを楽しんでるから
大好きです。
Ukulele Manいい味出してるでしょ!

本当にこのサイトの人達は、本当に自由気まま。
ソファーでリラックスしてたり、道端、海岸、車の中、
キッチンで、ウクレレ片手に楽しそうに歌ってる。
そんな雰囲気まで伝わってくる映像で楽しいです。

ランダムに演奏してくれる機能(ukuleledisco.com shuffle とか)があれば最高ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/6524735

この記事へのトラックバック一覧です: 今日銀座で...:

« ダロワイヨ 銀座店 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド »