« ボッサピアニキータ3/4 | トップページ | 種ともこ LIVE 2005 「カナリヤ」 »

2005.11.27

王ろじ

新宿東口にある洋食屋の『王ろじ』で[とんかつセット]を食べた。
王ろじの由来大正10年創業の洋食屋で、先代店主が豚肉の揚げ物に「とんかつ」とはじめて名付けたことで知られている。店名の由来は「路地の大様」(昔の写真を見ると、路地というより何もない空き地だらけの所に立っている様だが)だそうだ。新宿駅近くにありながら、店内は昔の定食屋の雰囲気が残っている、中々ユニークなお店だ。
[とんかつセット]には、とんかつ+ライス+とん汁+王ろじ漬が付いてくるが、どれもユニークな味だった。

とんかつセット
キャベツと一緒にステンレス製の皿に盛られている、主役の[とんかつ]は棒状のロース肉で、普通のとんかつとはかなり違う感じ。口に入れると肉がほぐれる様にして広がるので、もしかすると一枚の肉じゃないのかもしれない。何となく、最近流行の『キムカツ』を思わせる食感だった。衣は厚過ぎず薄過ぎなくしっかり揚がっているのはいいが、ちょっと焦げ臭いような味がしたのが残念。[とん汁]は見た目普通の味噌汁だが、普通の豚肉の変わりにベーコンが入っていた。味噌汁というよりスープの一種かと思える。また、付け合せの[王ろじ漬]も今まで見たことも食べたこともない漬物で、味噌風味の切干大根のような感じの、この店独自の一品。
他にも、[とん丼(かつカレー丼)]が人気メニューだそうだ。
個人的には、決して感動する味ではないし、とんかつとしてはあまり好きな味ではなかった。しかし、新宿東口の雑踏の中にあって、昔の洋食屋を偲ばせるお店の雰囲気はとても良かった。
昔からの馴染み客や、「とんかつ」由来の店として訪れる初めての客などがひっきりなしに訪れる、新宿の老舗の洋食屋だ。
王ろじ とんかつセット
新宿区新宿3-17-21
03-3352-1037
営業時間 11:00~15:00、16:30~(L.O.20:30)、水休
JR・地下鉄新宿駅より徒歩3分 新宿通り伊勢丹手前

« ボッサピアニキータ3/4 | トップページ | 種ともこ LIVE 2005 「カナリヤ」 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うほ~「王ろじ」だぁ!
新築になってから一回も行ってませんよ。
実家から歩いていける距離にあるんで、
実家にいたことはお世話になりました。

noriさん、こんにちは。
この記事まだ書きかけでしたよ。
相変わらずコメントが早すぎます。(^_^;)
でも、前に『新宿中村屋』が実家の近所だったと言ってたので、多分、ここもご存知だと思いました。
いつ建て替えたんですか?
ビルの1階とはいえ、結構、昔風の作りでしたよ。

すいません・・・早すぎましたか・・・
いつだっけかなぁ、建て替えたの。
7年ぐらいたつかな。
昔はもっと趣のあった良い建物でした。
ビルじゃなかったし。
あの一帯が子供の頃の遊び場でした。

こちらこそ失礼しました。
最近ココログ調子悪いんで小豆に保存してたんで、
中途半端なまま公開されてました。

7年前ですか、思ったより最近ですね。
今のビルも中に入ると外の雑踏がうそのようで、
昔良くある定食屋のような風情がありましたよ。
でも、昔は子供の遊び場も、今は大人の遊び場になっちゃいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/7443456

この記事へのトラックバック一覧です: 王ろじ:

« ボッサピアニキータ3/4 | トップページ | 種ともこ LIVE 2005 「カナリヤ」 »