« LITTEL TEMPO presents TROPICAL X'MAS NIGHT | トップページ | 2005年食べ納め »

2005.12.30

ニュー・シネマ・パラダイス

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』を観た。
ニュー・シネマ・パラダイス今年最後の映画は、デジタル・リマスター版による『ニュー・シネマ・パラダイス』を観た。この映画、泣ける映画として有名だが僕もこの映画を観るたびに泣いてしまう。特に、はじめて見た時はテレビだったにも拘らず、ぼろぼろ泣いてしまった。その後も、映画館やDVDで何度も観ていが、その都度泣いてしまう数少ない映画だ。泣ければ良いわけじゃないが、感動を与える映画には違いない。
今回も、ラスト近くトトが故郷を後に旅立つ辺りから目頭が熱くなってきた。ラストで、アルフレードからの形見のフィルムを観ながら子供の頃の顔に戻ったトトが素敵だった。単に悲しいだけでなく、アルフレードとトトの世代を超えた友情にも感動した。一映画ファンとしては、映画館の盛衰が描かれている点でも涙を誘う映画だ。
有名なエンニオ・モリコーネの音楽も素晴らしく、あのテーマ曲を聴くだけでも涙腺がゆるくなる人もきっと多い筈だ。

来年も、こんな素敵な映画に出会えることを期待したい。

公式サイト

« LITTEL TEMPO presents TROPICAL X'MAS NIGHT | トップページ | 2005年食べ納め »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/7931708

この記事へのトラックバック一覧です: ニュー・シネマ・パラダイス:

» NUOVO CINEMA PARADISO (ニュー・シネマ・パラダイス) [OOH LA LA - my favorite songs]
ニュー・シネマ・パラダイスフィリップ・ノワレ ジュゼッペ・トルナトーレ 角川エンタテインメント 2000-08-11 ■伊・仏 1989年製作 ■監督 Giuseppe Tornatore(ジュゼッペ・トルナトーレ) [続きを読む]

» 「ニュー・シネマ・パラダイス」 [ひらりん的映画ブログ]
どこの「感動映画ランキング」にも必ず登場する名作らしいので、 ちょっと見る気になりました。 [続きを読む]

» 第62回.アカデミー賞『ドライビング・ミス・デイジー』(1989) [【Fantastic Cinema】 アカデミー賞 - 受賞作品カタログ]
作品賞:ドライビング・ミス・デイジー 『ブルース・ベレスフォード監督』 人種への偏見が根強いアメリカ南部の町。老いてもなお、威厳だけは失わない未亡人・デイジーに、黒人の専属運転手・ホークは従順に仕えていた。主従関係にありながらも、固いきずなで結ばれ..... [続きを読む]

» Nuovo Cinema Paradiso [擬藤岡屋日記]
松の内も終わり、いまさら「おめでとうございます」でもないのだが、今年も擬藤岡屋日記をよろしくお願い申し上げます。 用事があって「日曜日の銀座」に全くの久し振りに出かけ見ると、なんと中央通りは未だ「歩行者天国」(死語?)だったので、ちょっと吃... [続きを読む]

» ニュー・シネマ・パラダイス(デジタルリマスター版) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 決して色褪せることのない、あのときあの場所 [続きを読む]

« LITTEL TEMPO presents TROPICAL X'MAS NIGHT | トップページ | 2005年食べ納め »