« DVD/パリの恋人 | トップページ | デリー 上野店 »

2006.01.04

DVD/戦争と平和

DVDで映画『戦争と平和』(1956年)を観た。
戦争と平和ロシアの文豪トルストイの代表的長編小説をオードリー・ヘプバーン、ヘンリー・フォンダ、メル・ファーラーが共演した、3時間を越える長編大作。当時、オードリー・ヘプバーンとメル・ファーラーが結婚していて夫婦での出演も話題だった。
19世紀にあったナポレオンのロシア遠征、アウステルリッツの戦いなどを背景に、伯爵令嬢ナターシャ(オードリー・ヘプバーン)とピエール(ヘンリー・フォンダ)、ピエールの親友アンドレイ(メル・フェラー)などが戦争と運命に翻弄されていく人々を描いた群像映画だ。
原作は読んでないので比較は出来ないが、長編小説なのでかなりコンパクトに纏めた感じがする。戦争を背景にしながら、力強く生きるナターシャが印象的だった。当時としては戦争の悲惨さを十分に描けたと思うが、舞台のような演出に古臭さを感じてしまう。
デジタル・リマスター版に見慣れてしまったせいもあるが、DVDの映像が全体的に暗いのが残念だ。

« DVD/パリの恋人 | トップページ | デリー 上野店 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/7999601

この記事へのトラックバック一覧です: DVD/戦争と平和:

« DVD/パリの恋人 | トップページ | デリー 上野店 »