« 東京は積雪9cm | トップページ | 秘密のかけら »

2006.01.21

DVD/恐怖のメロディ

DVDで映画『恐怖のメロディ』(1971年)を観た。
恐怖のメロディ原題は『PLAY MISTY FOR ME』で、1971年公開のクリント・イーストウッド監督デビュー作。当時まだ名前すらなかったストーカーを扱い、ヒッチコックばりのサイコ・サスペンスに仕上がっている。
モントレイ半島で人気DJのデイブ(クリント・イーストウッド)に、毎晩ある若い女性から"MISTY"のリクエストがある。ある晩デイブがバーである女性と知り合うが、その女性が毎晩リクエストしてくるイブリン(ジェシカ・ウォルター)だった。
それ程期待せず観たが、想像していた以上に怖くて面白かった。特に、ストーカーのイブリンを演じたジェシカ・ウォルターの迫真の演技が凄まじかった。あぁなるとやっぱり女性は怖い...

このDVDは、2001年に映画公開30周年記念として製作され、特典としてイーストウッドや出演者が30年前を振り返ったインタビューが納められている。それを観ると、監督デビュー作だけあり"MISTY"の選曲も含めていろいろ拘りがあったことがわかる。サスペンスだけど結構ロマンティックな部分もあった作品だけに、邦題はイマイチだね。

« 東京は積雪9cm | トップページ | 秘密のかけら »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

『PLAY MISTY FOR ME』を引き合いに出したのは理由があって
あそこまでいかないけど、ストーカーに殺されかけた事があったからなんですよ。
クラブのDJをやっていた頃、
必ず「Love Is The Message」をかけてって
リクエストする女の子がいてね。
その子にストーカー被害にあいました。
いやぁ、ストーカーは恐いです。

好きな映画だけど、あまり見てないな。

noriさん、早速コメントありがとうございます。
そんな事あったんですか!
あまり思い出したくない事なんでしょうね。

ところで、noriさんや他の方のブログでは、
自分の事を自然と話題に取り上げているのが、
凄いなって思って毎日読んでます。

自分の事を話すのが苦手なので...
別にカッコつけている訳じゃないけど、
うまく表現できないんですよね。
ブログでも、もっと身近な話題や自分の気持ちを
素直に伝えられるようになりたいです。

人それぞれで、書きたいこと、書けることを
書けばいいでしょう。
ボクだって、膨大に見ている映画のことや
音楽のことをもっと書きたいんだけど、
書けないんですよ。
だからボクも書けることだけ書きます。

そうですね。
マイペースで行きたいと思います。
また、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8272441

この記事へのトラックバック一覧です: DVD/恐怖のメロディ:

« 東京は積雪9cm | トップページ | 秘密のかけら »