« 並木藪蕎麦 | トップページ | サイキルパ »

2006.01.29

博士の愛した数式

映画『博士の愛した数式』を観た。
博士の愛した数式元数学教授の博士(寺尾聰)は交通事故の後遺症で80分しか記憶がもたない。その彼の元に家政婦の杏子(深津絵里)が派遣される。博士と彼女と息子の愛称ルート(齋藤隆成)の交流をさわやかに描いている。
三度、寺尾聰を主演にした小泉堯史監督の最新作で、僕は『雨あがる』以来二作目。我々が日常生活に追われて忘れていた、日々見過ごしてしまう"時間"があることを思い出させてくれる。決して派手ではないが、侘びさびが感じられる素敵な日本映画だった。随所に描かれる、何気ない日本の風景の美しさも見逃せない。
深津絵里ファンとしては、彼女の真っ直ぐでほのぼのとした演技が気持ちよかった。

僕は、中学時代は数学は一番好きな科目だった。少ない定式を組み合わせて導き出す結論に、パズルのような面白さがあった。映画の中で博士が言っているように、完璧な証明には本当に美しさが感じられる。理想の追求が可能な、唯一の純粋学問ではないだろうか。
でも、高校数学では受験が中心であまり好きではなくなった。あの時、博士のような人に出会えたら、と思ってしまう。

公式サイト

« 並木藪蕎麦 | トップページ | サイキルパ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、jamsession123goです。
ブログへコメントありがとうございました。
jamsession123goはこの映画に流れているゆったりとした時間感覚が気に入って、最後までじっくりと見てしまいました。
こんな数学教師やこんな数学者、こんな家政婦。
ちょっとずつあり得ないような気がするのですが、でも、こんな人たちが本当にいてほしい、そんな気持ちになりました。

jamsession123goさん、こんばんわ。
久し振りに、ゆっくりと日本映画を観た気がします。
必ずしも本当っぽくないですが、いい人達でしたね。

あ~るさん。こんにちは。
深っちゃん、ホントにかわいかったですね。
こういう前向きで素直な役、ピッタリですね。
景色もキレイで四季のある国に住んでいてよかったな~と思いました。

Aprilさん、こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
本当に季節感のある映像で、日本の良さを感じました。
深津絵里のちょっと怒ったところが好きです。(^_^;)
(西遊記はともかく)次回作も期待したいです。
ではまた!

コメントありがとうございました。少し昔の記事にコメントで申し訳ありませんね。
Salyuのアコ・ライブはまだ一飯が残ってますから、頑張りましょう(取れそうな気はしませんが)。

で、この映画の設定、記憶が80分しか持たない、って「メメント」みたいですね。「メメント」とは背景が違いすぎるので比較は出来ないでしょうが、メメント・フリークの私としては気になる映画です。

mikeさん、こんばんわ。
Salyuは一般で頑張ります。昨年末のEGOは一般で二日分取れたんで、いけるかもしれませんね。

「メメント」は面白かったですね。僕も好きな映画です。
「バットマン ビギンズ」も面白かったです。
ただ、この映画はもっとほのぼのしているので、期待とは違うと思います。(^_^;)
でも、なかなかいい映画ですよ。
ではまた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8410699

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

» 博士の愛した数式 [cinema capsule]
80分しか記憶を覚えていない博士と家政婦親子の心の交流。 至高の人間愛が四季の移ろいと共に描かれる。 ★「博士の愛した数式」 2006年日本 118分 監督:小泉 尭史 出演:寺尾 聰    深津 絵里    吉岡 秀隆    斉藤 隆成    浅丘 ルリ子 ★story 家政婦をするシングルマザーの杏子が新たに派遣された先は、交通事故に遭って 以来80分しか記憶が持たなくなってしまった�... [続きを読む]

» [ 博士の愛した数式 ]・・・ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 博士の愛した数式 ]@藤沢オデヲン1番館で鑑賞。 男3人で熱海への温泉旅行の帰り、映画を観ることになった。 この企画は、3人ともそこそこ映画好きということもあり、 元上司のMさんが提案したのだ。 最近の作品をほとんど観てしまった僕の提案により、この [ 博士の愛した数式 ]に。本作は、作家小川洋子の同名 小説の映画化。監督は小泉堯史。観る前から、なんかいや な感じはしていたのだが・・・・。 ... [続きを読む]

» 映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(89) 博士が愛した数式 虚数「i」は「愛」である。 レイトショーで「博士が愛した数式」を観た。 [続きを読む]

» 【劇場鑑賞7】博士の愛した数式 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
220:1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284 220=142+71+4+2+1:284 ・・・友愛数だ 神の計らいを受けた、絆で結ばれた数字なんだ。 私とルートにとって 博士と過ごしすひとときは 本当に、大切な時間でした・・・ ... [続きを読む]

» 『博士の愛した数式』売上No.1に [Aliiyブログ]
博士の愛した数式 小川 洋子 今日のランチはイタリアンのブッフェでした。 女性ばかりの『Aliiy』編集部のお昼は、結構華やかで開拓しまくり中です。 こんにちは〜。今週末はプライベートで映画を見に行く予定のHIROMIです。 久しぶりに一般の劇場です。 近年は邦画人気で、日本の映画界は売上をどんどん伸ばしています。 昨年も邦画人気が高く、興行収入もランキング上位の邦画率があがりました。 現在も三谷幸喜監督の『THE有頂天ホテル』、自衛隊... [続きを読む]

» 思いやりの心が難解な問題を解く「博士の愛した数式」 [April april]
高3のとき、シグマのことZって黒板に書いてしまいました。エイプリルです。 割り算以降、数学恐怖症です。 [続きを読む]

» 博士の愛した数式 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
この作品は小川洋子作の「第一回本屋大賞」を受賞した話題の同名小説を映画化した作品です。 主人公の天才数学者「博士」は、交通事故による記憶障害のため、80分しか記憶がもちません。何を話していいかわからず混乱した時には、言葉の代わりに数字を持ち出します。博士の元で... [続きを読む]

» 「博士の愛した数式」 [明日は明日の風が吹く]
「ぼくの記憶は80分しかもたない」 この台詞が印象的な映画「博士の愛した数式」を観てきました。 [続きを読む]

» 「博士の愛した数式」√をやさしく抱きしめる [soramove]
「博士の愛した数式」★★★☆ 深津絵里、寺尾聡 主演 昨年買って まだ読んでいなかった原作本を 深夜に読みきり、 翌日映画鑑賞。 本を読んでいるときも、家政婦さんは 深津絵里、博士は寺尾聡で読んでいた。 そして映画、 ちょっと背広のメモが少なく、...... [続きを読む]

» ★博士の愛した数式@品川プリンスシネマ:サービスデー午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
先週までの寒さが嘘のように暖かな春のような日だった今日、風邪も治ってきたので久しぶりのレディースデーを満喫してきた。 映画は『博士の愛した数式』。 今日の日のような柔らかな暖かい物語だった。 ... [続きを読む]

» 博士の愛した数式 [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
小川洋子原作作品「博士の愛した数式」映像化。 原作は本屋大賞を受賞した直後に職場の同僚に借りて読みました。 それから(一時期)小川洋子作品にハマって読みまくったという きっかけを作った、お気に入りの作品! さてさてどう映像化されてるのでしょうか~♪ 期...... [続きを読む]

« 並木藪蕎麦 | トップページ | サイキルパ »