« 秘密のかけら | トップページ | デリー 銀座店 »

2006.01.23

綴り字のシーズン

映画『綴り字のシーズン』を観た。
綴り字のシーズンリチャード・ギア 、ジュリエット・ビノシュ主演のヒューマンドラマ。
ナウマン家は、大学教授で宗教学者の父ソール(リチャード・ギア)、科学者の母ミリアム(ジュリエット・ビノシュ)、学業優秀な兄アーロン(マックス・ミンゲラ)と妹のイライザ(フローラ・クロス)で、理想的な家族と思われた。ある日、イライザが学校のスペリング・コンテストで優勝したことをきっかけに、家族の運命が変わっていく。

「スペリング・コンテスト」や「ユダヤ教」など日本人には馴染みのないテーマが描かれているので、少々判り難い場面が多かった。しかも、今日は疲れていたので、前半何度か寝てしまいストーリーが判らなくなってしまったのが残念。予想外の奇抜なストーリーに凝った映像で、個人的には結構面白そうだった。家族をテーマにしているが一種のファンタジーのように描かれ、ヒューマンドラマとしては物足りなさもあったが、ちゃんと観れればよかった。
あの家族はこれからどうなるんだろうか...

公式サイト

« 秘密のかけら | トップページ | デリー 銀座店 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8305340

この記事へのトラックバック一覧です: 綴り字のシーズン:

« 秘密のかけら | トップページ | デリー 銀座店 »