« エチオピア 恵比寿三越店 | トップページ | サイキルパ »

2006.01.19

ポビーとディンガン

映画『ポビーとディンガン』を観た。
ポビーとディンガンケリーアンは架空の友達ポビーとディンガンを信じるが、ある日ポビーとディンガンがいなくなり心配するケリーアンは病気にかかる。その妹のため兄のアシュモルはポビーとディンガンを探しに行く。
同名のベストセラー小説を、『フルモンティ』のピーター・カッタネオ監督により映画化した。
小説のことは全く知らなかったので先入観なく観たが、ちょっとストーリーに入り込めなかった。でも、最後は展開が判っていながら、ちょっとウルウルした。やっぱり最後はみんないい人達なんだね。

公式サイト

« エチオピア 恵比寿三越店 | トップページ | サイキルパ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
私もイマイチ入り込めず。どうしても大人目線で観てしまいます。いいお話なんだとは思いますけど。
でも、町の人達の優しさには感動しました。葬儀屋のおじさんがいい味出してましたね。

あ~るさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございます!
>最後は展開が判っていながら、ちょっとウルウルした
ホント!その通りですね。うんうん
この辺が、この監督さんの匠なところですかね(?)
「フル・モンティ」オススメですので、お時間のあるときにでもレンタルしてみて下さぁ~い!

では、またおじゃましますね♪

さばきちさん、こんばんわ。
町の人達も、最初は嫌な人も多かったけど、ケリーアンを看る医者やお店のおばさんなど、一人また一人、良い人が現れてきたのが良かったですね。

purple in satoさん、こんばんわ。
「フル・モンティ」ぜひ観たいと思います。
またおいで下さい。(^o^)丿

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8240116

この記事へのトラックバック一覧です: ポビーとディンガン:

» ポビーとディンガン [ひとりごと]
9歳の女の子、ケリーアンの唯一の友達は、空想の中にいる「ポビー」と「ディンガン」の二人だけ。実在しない彼らの存在を、ケリーアンだけは頑なに信じていた。 ある日、ケリーアンが「ポビー」と「ディンガン」がいなくなったと騒ぎ出す。その時から、家族に次々と災難が降りかかり、ケリーアンも彼らを心配するあまり、どんどん弱って病気になってしまう。妹を心配するアシュモルは、妹のため、家族のために実在しない彼らを探し出そうと奔走する。 子供�... [続きを読む]

» FUN … 『ポビーとディンガン』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
『FUN the Sunnyday』 [続きを読む]

« エチオピア 恵比寿三越店 | トップページ | サイキルパ »