« フライトプラン | トップページ | デリー 上野店 »

2006.02.11

ホテル・ルワンダ

映画『ホテル・ルワンダ』を観た。
ホテル・ルワンダルワンダで実際にあった民族間争い、フツ族によるツチ族大虐殺の中で1200人余のツチ族を助けたポール・ルセサバギナを描いた映画。
1994年、ルワンダでは民族間争いからやがてフツ族によるツチ族の大量虐殺に発展していた。外国人向けの高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」支配人ポール(ドン・チードル)の元には、フツ族から逃れてきたツチ族たちが難民として集まるようになる。ホテルの難民はやがて1268人に膨れ上がっていた。

ホテル・ルワンダポールはスーパーマンでもヒーローでもない。また、最初から1200人を超える人達を助けようと思っていたわけでもない。最初は、自分の家族を助けるので精一杯で向かいの家族を救うことさえ拒んでいた。しかし、支配人の立場上成り行きとも言える状況で、彼の元に集う多くの人達を助けることになる。彼は、そんな状況から最後まで逃げることなく、自らできる最大限の努力と工夫だけで乗り切る。
ホテル・ルワンダ正直、映画を観始めて暫くはフツ族とツチ族の区別が付かなかった。しかし、ハリウッド映画とは全く違うリアルで媚びない映像とドラマに、いつの間にか圧倒されていた。勿論、実話と知ってのことだが、戦争も民族紛争も知らない日本人には、とても現実の出来事とは思えない。直接映像として表現できないほどの悲惨な現実に、ただただ圧倒されるばかり。涙さえ出ることはない。想像を超える出来事に、悲しいという感情すら持てなかった。
この映画はドキュメンタリー形式をとらなかったので、こういったメッセージをより強く伝えることが出来て正解だった。そのメッセージを確実に伝える、ドン・チードルが素晴らしかった。

公式サイト

« フライトプラン | トップページ | デリー 上野店 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。jesterです。さっそくルワンダの記事にTBありがとうございました。
こちらの記事もよまさせていただきました。
あ~るさんとほんとに同じ気持ちです!
なるべくたくさんの方が、この映画を見てくださると良いですね~

jesterさん、こんにちは。
この映画、コメントが難しい作品でした。
やっぱり、観てもらうのが一番です。
本当に、多くの人に観て欲しい映画ですね。

実は、弟が90年代半ばにJAICAで3年ほどケニヤに
行っていてのですが、その頃、近くでこんな事が
起きていたなんてニュースだけじゃ判らなかったです。
アフリカの状勢が危ういとは知っていたのですが、
"怖いね"で終わっていたようです。
このセリフが出てきた時は、胸が詰まるようでした。

こんにちは!
私もやっと観てきました。
遠い国のことだから――と無関心でいることが、何よりも罪なことなんだと痛感しました。
でも、観て良かったです!!
そして出来れば、たくさんの人達にも観て、何かを感じてもらいたいです。

honuさん、こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
交通やインターネットで、世界は狭くなったと言われていますが、こういった過去を考えると現実は違うと思いますね。
本当に多くの人に観て、感じて欲しいですね。

こんばんは。TB&コメントありがとうございました。ルワンダに続き、スーダンの悲劇を残念に思いながらも、この映画の持つ影響力というものをあらためて考えさせられます。

Gクルーニーも本当に活動的ですね。彼の作品「グッドナイト・グッドラック」もうちのほうでは今週末から公開です。楽しみです。

カオリさん、TB&コメントありがとうございます。
これだけ情報が氾濫しているのに、まだまだ外国で起こっていることを知らない自分に気がつくキッカケになりました。
映画が持つ力の一つのお陰で、イロイロ考える事が出来てよかったです。
これからもよろしくお願いします。

こんにちは、jamsession123goです。
jamsession123goの住む町でもようやく公開されたので、やっぱり映画は映画館で、と思って観てきました。
ブログの世界では、評価が結構高いようなので、あえて異を唱えるレビューにはしなかったのですが、そんなに悪い映画じゃないので、前評判なしに観れたら、もっと感動できただろうな、と思いました。
ただ、映画で描かれるシーンが、日ごろの生活から、あまりにも遠すぎるので、異次元に放り出されたような気分になりましたが。
とにかく、日本での上映決定おめでとう、という映画ですね。

jamsession123goさん、こんばんわ。
確かにあまりにも現実離れしているようで、つい最近起きた事件にもかかわらず、なかなか実感なかったですよね。
だからこそ、その距離感が怖くなりました。
この作品にかかわらず、派手なハリウッド映画の影に、こういった良作が沢山隠れているように思います。そういった意味で、こういった形で公開されるのもいいことですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8616693

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダ:

» ホテル ルワンダ その1 [JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD]
「ホテル ルワンダ」は「ミュンヘン」を見た次の日に見たのですが・・・・。 なかなかレビューを書けませんでした。 1つ目の理由は、家族Bがずっと「ルワンダ問題」について調べていて、そのおこぼれでjesterもルワンダ問題の根深さに触れていたので、感想を書き始めると..... [続きを読む]

» 『ホテル・ルワンダ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
署名運動の末、一般公開にいたったことを嬉しく思う。 1人ひとりがポール・ルセサバギナのような行動をとることは難しいだろうけど、ポールの行動を正しいと思う人が大多数である世ならば捨てたものじゃないかもしれない。 1994年、アフリカのルワンダで多数派フツ族による少数派ツチ族の80万人もの大量虐殺が起きた際、外資系高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」支配人のポール・ルセサバギナが、ツチ族の妻や友人たち、命の危険にさらされた人たちを救うために奮闘した実話に基づいた物語。16世紀に北方からやって来た遊... [続きを読む]

» 「 ホテル・ルワンダ 」 [MoonDreamWorks]
監督・脚本 : テリー・ジョージー 主演 : ドン・チードル /ソフィー・オコネド /ホワキン・フェニックス      公式HP:http://www.hotelrwanda.jp/ 原題:HOTELRWANDA 監督は、「 父の祈りを  」でアカデミー賞にノミネートされた気鋭の脚本家テリー・...... [続きを読む]

» 映画「ホテル・ルワンダ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテルミル・コリンにかくまう支配人の物語。 時代は、フツ族とツチ族の内戦がようやく終結をみるが、当時のフツ族大統領が暗殺された... [続きを読む]

» [ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか [アロハ坊主の日がな一日]
[ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004年度アカデミー賞の主要3 部門(脚本賞、主演男優賞、助演女優賞)にノミネートとい う快挙を成し遂げる。アメリカでは公開されるやいなや翌 月には拡大公開されるほどの大ヒット作品だったにもかか わらず、日本では公開のメドが立っていなかったとのこと。 ... [続きを読む]

» 「ホテル・ルワンダ」見てきました。 [よしなしごと]
 最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ~。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。... [続きを読む]

» 『ホテル・ルワンダ』 テリー・ジョージ監督 [~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録]
渋谷の映画館「シアターN」で、前回上映が終わってお客さんがゾロゾロ出てきたなー、と思ってふと見上げると、40歳ぐらいのおじさんがモロ泣きしていました。けっこう泣いている人が多かったです。そう、恥ずかしげもなく涙を流すに値する作品でした。 内容詳細につい..... [続きを読む]

» 『ホテル ルワンダ / HOTEL RWANDA』 ☆今年13本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『ホテル ルワンダ』公式サイト:http://www.hotelrwanda.jp/原題:HOTEL RWANDA製作:2004年イギリス、イタリア、南アフリカ監督:テリー・ジョージ出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス 《公開時コピー》「愛する家族を....... [続きを読む]

» 立ち見、嬉しかった「ホテル・ルワンダ」 [April april]
久しぶりの立ち見で、足、こむら返り。エイプリルです。 立ち見番号53番。でも、嬉しかった。 [続きを読む]

» 映画「ホテル・ルワンダ」 [手記 Journal:Magic Mushroom's Weblog]
久々にシネテリエ天神へ行きました。 「ホテル・ルワンダ」を観ました。 嗚咽が止められないほど泣きました。 [続きを読む]

» 『ホテル・ルワンダ』 [京の昼寝〜♪]
「愛する家族を守りたい。」ただひとつの強い思いが、1200人の命を救った・・・。 ■監督 テリー・ジョージ■脚本 ケア・ピアソン・テリージョージ■キャスト ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス、ジャン・レノ□オフィシャルサイト  『ホテル・ルワンダ』 フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、和平協定が結ばれよう... [続きを読む]

» ホテル・ルワンダ [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス/ジャン・レノ/ハキーム・ケイ=カジーム/デズモンド・デュベ/デイヴィット・オハラ/カーラ・シーモア/ファナ・モコエナ/トニー・キゴロギ/脚本:テリー・ジョージ/ケア・ピアソン/監督:テリー・ジョージ/作品『ホテル・ルワンダ』を観ました。 ●感想  ・ルワンダという小さな国内で、僅か3ヶ月間に100万人のツチ族が中国から安価で大量に仕入された鉈によって惨殺されたという事実に衝撃を覚えました。 ..... [続きを読む]

» ホテル・ルワンダ [空想俳人日記]
我が妻と 我が子の命 救いたまえ   ホテル・ルワンダ、実際のホテル名ではない。しかし、このタイトルがルワンダという国とともに、もっとも秀でたホテル・マネージャーを思い出させるだろう。おそらくそれは、世界中のマネージメントクラスの人々の最高の鏡と言えるので... [続きを読む]

» 「ホテル・ルワンダ」を見た皆さんへ [no movie no life]
本日の昼、アフリカのスーダンにおいて反政府勢力の最大グループが政府軍と停戦合意に至ったとニュース報道がありました。 ★詳細はこちら ? 覚えていますか? 映画「ホテル・ルワンダ」のポール・ルセサバギナと主役を演じたドン・チードル。 彼らが今年3月に... [続きを読む]

« フライトプラン | トップページ | デリー 上野店 »