« 転がれ!たま子 | トップページ | 矢野顕子リサイタル2006 »

2006.02.18

天使

深キョン主演の映画『天使』を観た。
天使深田恭子主演で桜沢エリカの人気コミックを映画化したファンタジー。
東京のとある街に、コンビニに勤める若者、シングル・ファーザーの親子、学校でいじめに合う女子高生、のんきに共同生活する姉妹などが暮らしている。その街に、どこからともなく自由気まま(でジンライム好き)な天使が舞い降りて...
いろんな苦悩を抱える人たちが、天使のお陰で少しだけ幸せになれる、そんな物語をオムニバス風にあがいている。観終わった後、こちらも少しだけ幸せな気分になれた。深田恭子は天使というよりも、お人形さんみたいでアップでも透き通るような肌がキレイだった。(でも設定上セリフがないのが残念)永瀬正敏の娘チイを演じた永迫永依ちゃんも5歳ながら熱演で可愛かった。
夜遅いレイトショー(しかも今日3本目)で観たが、軽めの作品で心が和んでよかった。

公式サイト

« 転がれ!たま子 | トップページ | 矢野顕子リサイタル2006 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「深キョンかわいい!」そんな感想だけで終わってしまったこの映画ですが、まったりとした映画だったのでまあいいかな、と。
それにしても1日に映画3本って、結構すごいですね。

さばきちさん、こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
この映画、実はさばきちさんのブログで知って、オヤジ感覚で楽しんできました。

因みに、この日は16~23時まで渋谷シネ・アミューズ イースト/ウエストで過ごしちゃいました。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8748104

この記事へのトラックバック一覧です: 天使:

» 天使 [ひとりごと]
東京のとある街に、風変わりな天使が舞い降りる。 ジンライムが大好きでネコのように気ままな天使は、恋愛や仕事、子育てや人間関係に悩む不器用な人達にそっと寄り添い、勇気付け、彼らをちょっとずつ幸せにしてくれる。 どっちかというと中高生女子が喜びそうな内容でした。 例えて言うなら、「ラブ・アクチュアリー」の規模をうんっと小さくしてファンタジー要素をプラスした、といったところでしょうか? 原作を読んだこ... [続きを読む]

» 天使 [欧風]
28(土)は「ヒトラー ~最後の12日間~」、「オリバー・ツイスト」と観て、3本目も観ちゃおうかな?と思いましたが、1本目も2本目も眠くなるところがあり、3本目観ても爆睡して金の無駄になるんじゃないかと思い、断念。 で、まあ普通の人ならそれでその週末が終わりそうなところなんですけれども、私はどうも普通じゃないらしく、翌日の日曜も観に行ってしまいました(^_^;)。だって~、って言い訳させて貰うと、元々観たかった映画が2本あって、なんか早く終わりそうなんで行ける時に行かねばという使命感があったか... [続きを読む]

« 転がれ!たま子 | トップページ | 矢野顕子リサイタル2006 »