« 銀座イタリー亭 | トップページ | ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 »

2006.02.25

ジャーヘッド

映画『ジャーヘッド』を観た。
ジャーヘッド『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督最新作。15年前に起きた湾岸戦争へ海兵隊員として参加した若者の回顧録を原作にした戦争映画というかドラマ。主人公スウォフをジェイク・ギレンホールが、上官をジェイミー・フォックスが演じている。
疲れていて、大分寝てしまったので残念ながら正確にはコメントできないが、『地獄の黙示録』(1979)、『フルメタル・ジャケット』(1987)、『ブラックホーク・ダウン』(2001)とは違って戦争を直接描いているわけではないが、間接的に戦争の悲惨さや虚しさを訴えていたようだ。

公式サイト

« 銀座イタリー亭 | トップページ | ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
ドンパチものの戦争映画ではないし、兵士が時間とパワーを持て余している様子をメインに描いた映画なので、退屈といえば退屈なんですよね・・・。
でもメンデス監督のシニカルな演出は結構好きです。戦争の無意味さを感じ取ることが出来ました。

さばきちさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
『アメリカン・ビューティー』同様に意外性がある映画で
サム・メンデス監督らしいシニカルさは感じました。
ただ、寝ちゃったので...(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/8836988

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーヘッド:

» ボウズ好きにはタマらない「ジャーヘッド」 [April april]
やたらとのどが渇くエイプリルですが、この映画でも「水分補給」の大切さが実感できます。 [続きを読む]

» ジャーヘッド [ひとりごと]
かなり意表をつかれました。 私は普段、あまり戦争映画を観ないのですが、イメージとしてあるのは、空爆の嵐の中、転がる死体を避けながら走る兵士の姿、とか。最初から最後まで緊張感がみなぎっているという印象があります。 この映画はそういった戦闘シーンが全然ありません。ショッキングなシーンと言えば、訓練中に実弾が当たって兵士が死んでしまったことと、空爆で焼け焦げてしまった人間の無残な姿、油まみれで砂... [続きを読む]

» 【劇場鑑賞13】ジャーヘッド(JARHEAD) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった―― メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある [続きを読む]

» 「ジャーヘッド」見てきました [よしなしごと]
↑前売り券のおまけのシリコンバンド 今年はテロや戦争を題材にしたノンフィクションが多いなぁ。その中でもイノセントボイスとホテルルワンダは僕にとっては最高の傑作でした。果たして今回見たジャーヘッドはどうでしょうか。... [続きを読む]

» ジャーヘッド [俺の話を聴け〜!]
前宣伝通りのお気楽映画でもなく、戦争の意味を探るようなシリアスな作品でもなかった。いつの時代にも通用する、若者たちの希望や葛藤を描いた、テンポのある快作だ。とはいえ、湾岸戦争の実体験に基づいて描かれる軍隊の生活は生々しい。出撃に際して「地獄の黙示録」を観....... [続きを読む]

» 「ジャーヘッド」戦うことが目的の砂漠での日々 [soramove]
「ジャーヘッド」★★★★ ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス主演 サム・メンデス監督、2005年、アメリカ 海兵隊の訓練と そこで送り出される 新兵を見ると 体だけでなく、脳ミソまで 筋肉になって 戦うことを望むよう...... [続きを読む]

» ジャーヘッド−(映画:今年36本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:サム・メンデス 出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、ジェームズ・モリソン、スコット・マクドナルド、ブライアン・ケイシー 評価:84点(100点満点) 公式サイト プラトーンで描かれたようなジ...... [続きを読む]

« 銀座イタリー亭 | トップページ | ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 »