« 池の端藪蕎麦 | トップページ | ファイヤーウォール »

2006.04.09

村治佳織スペシャルプロジェクト プログラムC

『浜離宮朝日ホール』で行われた『村治佳織スペシャルプロジェクト プログラムC/華麗なる弦楽四重奏団との熱き共演』に行った。
村治佳織スペシャルプロジェクト先月9日のプログラムAから一ヶ月たったが、今回はクラシック奏者として活躍している、漆原啓子(ヴァイオリン)、山本友重(ヴァイオリン)、川本嘉子(ヴィオラ)、向山佳絵子(チェロ)の4名をゲストに迎えての純粋なクラシックコンサートスタイルで、トークも挨拶程度。その分、素敵な調べをじっくり聞かせてくれた。
弦楽の調べにアルファ波が出っ放しで、目を閉じるとついうとうとしてしまう。普段あまりクラシックは聴かないので初めて聴く曲ばかりだったが、どれも心地よく聴くことが出来た。
中でも、漆原啓子と二人による「パガニーニ/協奏的ソナタ イ長調 作品61」では、漆原啓子の貫禄の演奏が村治佳織のギターを圧倒するほどで聴き応えたっぷり。できればCDで出して欲しい程だ。

公式サイト

« 池の端藪蕎麦 | トップページ | ファイヤーウォール »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/9545133

この記事へのトラックバック一覧です: 村治佳織スペシャルプロジェクト プログラムC:

« 池の端藪蕎麦 | トップページ | ファイヤーウォール »