« 初小川 | トップページ | クラッシュ »

2006.04.22

ブロークバック・マウンテン

映画『ブロークバック・マウンテン』を観た。
ブロークバック・マウンテン個人的にはこのテーマは苦手だが、20年間のドラマに思わず切なさを感じてしまった。実際には、時代や文化(特にカウボーイという職業)を理解しないとわからないだろうが...
ミシェル・ウィリアムズは『ランド・オブ・プレンティ』ではあんなに幼く見えたのに、この作品ではすっかり大人の女性を見事に演じていて、やっぱり演技派なんだなと思った。アン・ハサウェイは化粧濃すぎ。『プリティ・プリンセス』ではあんなに可愛かったのになぁ。

公式サイト

« 初小川 | トップページ | クラッシュ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/9823745

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック・マウンテン:

» ブロークバック・マウンテン [ひとりごと]
60年代のアメリカ。同性愛に対する理解はみじんも無いような閉鎖的な地域。 夏の間だけ放牧される羊の番をすることになった、カウボーイのイニスとジャック。 雄大な大自然の中、最初はぎこちなかった二人はぽつぽつと会話を交わすようになり、いつしか互いに強く惹かれていく。 葛藤を抱えながらも、自分の気持ちを抑えられず、一線を越えてしまう二人。一度きりといいながらもお互いを求める気持ちは強く、夏が終わって山を降りた... [続きを読む]

« 初小川 | トップページ | クラッシュ »