« ピンクパンサー | トップページ | EGO-WRAPPIN' 「DAWN ON THE ROCKS」 »

2006.05.29

ブロークン・フラワーズ

映画『ブロークン・フラワーズ』を観た。
ブロークン・フラワーズカンヌ国際映画祭グランプリ受賞のジム・ジャームッシュ監督の最新作は、ビル・マーレイ主演のちょっと風変わりのロードムービー。
19歳の息子がいることを知ったドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、隣人のウィンストン(ジェフリー・ライト)にそそのかされて、母子を探す旅に出る。
どことなく小津安二郎監督を思わせるマッタリした映画だった。カットとカット、シーンとシーンの間にドラマを感じさせる何ともいえない痛快作。ビル・マーレイのとぼけた演技(?)も絶好調だった。

公式サイト

« ピンクパンサー | トップページ | EGO-WRAPPIN' 「DAWN ON THE ROCKS」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です、お元気ですか~?
最近映画を見る時間が全然なくなってしまい、
こちらへお邪魔すると少しだけ覗いたような
気分になれます♪
またお邪魔します~~☆

jajaさん、こんばんわ。
こちらこそご無沙汰しています。
新しいブログを始められたようですね。
また、そちらにもお邪魔します。
ではまた、引き続きよろしくお願いします。(^o^)丿

あ~るさん、こんばんはぁ。
ご覧になったんですねぇ~!
この映画はよかった!!素直に楽しめましたぁハハ
ジャームッシュ&ビルのタッグはここ数年のなかでのヒットですね♪
では、またおじゃましまぁ~す

purple in satoさん、こんばんわ。
TB&コメントありがとうございます。
遅ればせながら、ようやく観てきました。
ジャームッシュ&ビルのタッグは最高ですね。
ビル・マーレイ&ジェフリー・ライトの有無を言わせない掛け合いも面白かったです。
だら~と見続けていたい感じの映画でした。
ではまた~。(^o^)丿

こんばんわあ~るさん。
ビル・マーレイのあのとぼけた感じは一体自然体なのか作ってるのか・・・よくわかりませんよね。でもそこが彼の魅力でもあると思います。
ジャームッシュ映画、なんかまったりしすぎて眠たくなってしまいます。

さばきちさん、こんばんわ。
ビル・マーレイ、最近いいですよね。
昔は全然意識してなかったけど、あの自然にボケた感じがなんとも言えないです。
まったり感、僕もちょっと眠くなっちゃいました。(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/10297084

この記事へのトラックバック一覧です: ブロークン・フラワーズ:

» [ ブロークンフラワーズ BROKEN FLOWERS ]オトコに未来はあるのか? [アロハ坊主の日がな一日]
[ ブロークンフラワーズ BROKEN FLOWERS ]@吉祥寺で鑑賞。 昔は多くの女性と浮世を馳せたオトコは、年をとると情け ないオトコになってしまうのか。腑抜けとまでいかないが、 僕の友人にもそんな輩がいる。皆に「鬼畜」と言われた友人 ・T男が、好きなものはと聞かれ「ジミーだけいればいい」 と愛犬の名前を答えるまでに変わるものか。 しかし、本作の主人公ドン・ジョンストンとは大きく違う のは、あそこまで腑抜けになっていないこと。 ドン・ジョンストンは、中を見つめ常に心... [続きを読む]

» FUN … 『ブロークン・フラワーズ』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
【FUN the sunnyday(?)】 [続きを読む]

» ★「ブロークン・フラワーズ」 [ひらりん的映画ブログ]
ビル・マーレイ主演。 このおっさん、間抜けな役が多いよね。 なにせ、「ゴースト・バスターズ」ですから・・ 本作品公開にあわせ、テレビ東京で昼間放映してたけど・・・ 相乗効果で客の入りが、良いんだか悪いんだか・・・ [続きを読む]

» ブロークン・フラワーズ [ひとりごと]
自由気ままな独身生活を送るドン・ジョンストン。 恋人に去られた彼の元に、ピンクの封筒で手紙が届く。 差出人はどうやら20年前の恋人らしい。手紙には、20年前にドンとの間に息子が生まれていて、その息子が父親を探すために旅に出た、とあった。 おせっかいな隣人に押し切られ、乗り気じゃないながらも、ドンは手紙の差出人を探し当てるべくかつての恋人達を訪ねる旅に出る。 ジャームッシュ監督の映画を観るのは「コーヒー&シガ�... [続きを読む]

» ブロークン・フラワーズ [toe@cinematiclife]
ジム・ジャームッシュ最新作は、ちょい悪オヤジの切ないロードムービーだった。 <STORY> ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)は、コンピュータ業界で大もうけをした後に引退し、若い恋人・シェリー(ジュリー・デルピー)とのんびり暮らしていたが、ある日、シェリーが家を出て行ってしまった。 その日、ドンの元に届いた一通のピンクの手紙。 それは、20年前にドンと付き合っていたという女性からのもので、そこに... [続きを読む]

« ピンクパンサー | トップページ | EGO-WRAPPIN' 「DAWN ON THE ROCKS」 »