« GOAL! ゴール! | トップページ | Miyuki Hatakeyama 2006 TOUR「リフレクション」 »

2006.06.17

ポセイドン

映画『ポセイドン』を観た。
ポセイドン往年の名作『ポセイドン・アドベンチャー』(1972)のリメイク。『パーフェクト ストーム』のウォルフガング・ペーターゼン監督がまたまた海上パニックを描く。
映画を観ているというより、USJのアトラクションのような作品。何も考えず、次から次へと起こるトラブルを楽しんだ方が勝ち。
『夢駆ける馬ドリーマー』に続いてカート・ラッセルが、逞しい元NY市長の父親役を演じている。でも、どちらかと言えば『夢駆ける馬ドリーマー』の方が温かみがある役でカート・ラッセルには合っていた。

公式サイト

« GOAL! ゴール! | トップページ | Miyuki Hatakeyama 2006 TOUR「リフレクション」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!TBありがとうございました!
そんな感じですね。
てか、手に汗握って、突っ込むことも忘れてしまいました、、、

猫姫さん、こんばんわ。
その内USJのアトラクションになるかも。
そんな感じでした。
でも、逆さになった状況をあまり生かしきれてなかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/10729747

この記事へのトラックバック一覧です: ポセイドン:

» ポセイドン 06年137本目 [猫姫じゃ]
ポセイドン 2006年  ウォルフガング・ペーターゼン 監督カート・ラッセル 、ジョシュ・ルーカス 、ジャシンダ・バレット 、リチャード・ドレイファス 、ジミー・ベネット 申し訳ございません。 お見それいたしました、、、... [続きを読む]

« GOAL! ゴール! | トップページ | Miyuki Hatakeyama 2006 TOUR「リフレクション」 »