« wyolica "yet to be" presents Folky Soul Night | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト »

2006.07.15

ブレイブ ストーリー

映画『ブレイブ ストーリー』を観た。
ブレイブ ストーリーミステリー作家宮部みゆきの原作小説をフジテレビ、ワーナー・ブラザーズ映画、アニメーション製作会社GONZOが組んで作り上げたファンタジー物語。
「扉の向こうに行けば運命を変えられる、ひとつだけ願いが叶うんだ」主人公のワタルは両親が離婚し母親が病に倒れ生活が一変してしまう。そんな時、転校生のミツルから“運命を変える扉”のことを聞き、自分の運命を変えようと幻界(ヴィジョン)へと行く。そこでは様々な冒険がワタルを迎えていた。冒険を通して本当の"勇気"と"友情"そして"正義"を掴み取り、"運命"を受け入れる強い少年に成長していく。

子供向けの映画でRPGを思わせる設定とストーリーだったが、ストレートなメッセージに感動してラストでは思わず目頭が熱くなった。大人になっても"運命"を受け入れて乗り越えていくことは難しい。勇気を出して真実に立ち向かうワタルの姿は、そんな今の自分たちへのメッセージと思われた。
声優には数々の有名芸能人を起用しているが、ワタル役の松たか子やキ・キーマ役の大泉洋も思った以上にピッタリ。特にミツル役のウエンツ瑛士は浮いてないか気になっていたが全然そんなことなく、テレビとは違ってクールに演じていた。
映像的にも明るい色調の美術で娯楽作品としても十分楽しめるが、2D、3Dアニメとの合成技術や使い所が見事で、CGとは違うアニメーションの可能性を大いに高めている。日本の高度なアニメーション技術が如何なく発揮され、素晴らしい映像と娯楽性に富んだ感動作に仕上がっている。最近、宮崎アニメばかりが持てはやされるが、改めて日本のアニメーション技術と作品としての完成度の高さ、そして層の厚さを感じさせてくれた。GONZOの次回作が大いに楽しみだ。

公式サイト

« wyolica "yet to be" presents Folky Soul Night | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、あ~るさん。
この映画、海外での評価はどうなんでしょうか?何カ国かで公開されるのですよね?(←イマイチうろ覚えですが・・・)日本のアニメの質の良さは海外でも高く評価されてますもんね。
それにしても俳優陣はみんな巧かったです。ウエンツも、普段はアレだけど黙ってればほんとかわいいのに・・・。

さばきちさん、コメントありがとうございます。
海外でも公開されているんですか。評判どうなんでしょうね。
でも、映画『AKIRA』も大人気なんでマニアにはこのクオリティは評価されるんじゃないでしょうか。
ただ、ストーリーはどうか分かりませんね?

あ~るさん、こんばんはぁ。
っと、本日観て来ましたよん!!
「子供向けのRPG」でありながらもしっかりとしたテーマがあり感動しましたです。うんうん
やっぱり、この辺は宮部みゆきさんの力量なんですかね!?
個人的には「身勝手な大人」への答えがなかったのが残念でした、、、

purple in satoさん、こんばんわ。
早速のコメントありがとうございます。
宮部みゆきさんの小説は読んだことありませんが、ベストセラー作家だけにきっとベースが良いんでしょうね。
子供向けと知りつつも、感動しました!
「身勝手な大人」は、また別の作品で...(^^ゞ

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
迷ったのですが、ブログで評判が良かったので、観に行ってきました。
行って良かったと思っています。
アニメだ、と片付けられない良さがありますね。

jamsession123goさん、こんにちは。
最近はアニメも子供向けばかりではないんで、大人の鑑賞に堪える作品が増えたと思います。
ただ、子供の夢を映像にしたアニメもなくなって欲しくないですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/10959855

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ ストーリー :

» ブレイブ ストーリー [ひとりごと]
小学5年生のワタルはごくごく普通の男の子。両親と3人暮らし、普通の生活を送っていた。 が、ある日突然両親が離婚。父親は家を出て行き、母は倒れて入院してしまう。 ワタルは幽霊ビルで出会った謎めいた転校生、ミツルの言葉を思い出す。「扉の向こうに行けば、運命を変えることができる。」 ワタルは自分の運命を変えるため、扉の向こうの不思議な世界「ヴィジョン」に足を踏み入れる。 こないだの「月イチゴロー」で、ゴロちゃんが「子供�... [続きを読む]

» FUN … 『ブレイブストーリー』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
【FUN the weekday(?)】 [続きを読む]

» 映画のご紹介(165) ブレイブ ストーリー [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(165) ブレイブ ストーリー-こんな単純なストーリーでありなが ら、観る者の心を震わせる。 父親が愛人を作って家を出た。 生きる気力をなくした母親が、家で倒れた。 不思議な力を使う...... [続きを読む]

» ブレイブ ストーリー [映画、言いたい放題!]
原作は宮部みゆきの同名小説。 例のごとく、とても長い小説を2時間位にまとめたらしい。 既に嫌な予感はするのだけれど、 そんなに悪い評判は意外にも聞かないですね。 テレビでやっていたのでそれを鑑賞也。 小学5年生のワタルは、幽霊ビルを探検中に 一人の少年が、宙に... [続きを読む]

« wyolica "yet to be" presents Folky Soul Night | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト »