« ゲド戦記 | トップページ | ハイジ »

2006.07.30

タイヨウのうた

映画『タイヨウのうた』を観た。
タイヨウのうたシンガーソングライターYUIが主演する、新人の小泉徳宏監督のデビュー作。若いスタッフやキャストによる作品だったが、思った以上に良い映画だった。
太陽の光にあたれない“XP(色素性乾皮症)”という病気の薫(YUI)は、毎朝サーフィンに行く孝治(塚本高史)を窓から見て密かに憧れている。夜路上ライブしていると目の前を孝治が通るのを見かけて思わず告白しそうになる。
設定など良くある恋愛ドラマと紙一重、でも若さが成せる初々しいストレートな表現が心に残った。病気を恐れつつも前向きな薫が、孝治と知り合うことで生き抜こうとする。死に向かって抗うのではなく、「私、生きて生きて生きまくるんだから」そう言い切った時の笑顔が印象的だ。
とにかくこの映画、YUIの存在感に尽きる。映画を観ているうちに主人公の薫とシンガーのYUIが完全に重なって見えてくる。本当に彼女でなければ出来ない役だったに違いない。ひまわりに囲まれて眠る薫=YUIの姿が、あまりにも安らかで本当に悲しくなってしまった。
決して目新しい物はないが、素直な気持ちで観たい素敵な日本映画だった。

公式サイト

« ゲド戦記 | トップページ | ハイジ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
ブログでの評判どおり面白い映画でした。
中でも、岸谷五朗の演技が光ってましたね。
YUIの歌も記憶に残るメロディだったので、サントラを聴いてみたくなりました。

jamsession123goさん、こんにちは。
テーマを正面から描いた心に残る映画で、主演のYUIが薫と一体になってよかったです。
両親役の岸谷・麻木コンビが良かったですが、岸谷五朗はすっかりお父さん役が似合うようになっちゃいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/11306751

この記事へのトラックバック一覧です: タイヨウのうた:

» 映画タイヨウのうた オリジナル・サウンドトラック [太陽の歌]
「彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。」 映画「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック。太陽の光を浴びてはいけない色素性乾皮症の為、毎日陽がしずんだあとギターを持って駅前で歌う少女"雨音薫(アマネカオル)"のひと夏の夢と恋を描..... [続きを読む]

« ゲド戦記 | トップページ | ハイジ »