« インサイド・マン | トップページ | タイヨウのうた »

2006.07.30

ゲド戦記

映画『ゲド戦記』を観た。
ゲド戦記この夏話題の宮崎吾朗初監督のジブリアニメ。原作はアーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズだが、エンドロールには原案として宮崎駿の「シュナの旅」がクレジットされている。原作を読んでないし、「シュナの旅」も昔読んだだけなのでこれらの関係は不明。もしかすると、オリジナル色が強いかも。
ストーリーは省略するが、作品としては想定内だがイマイチだった。39歳の宮崎監督には少し荷が重かったようだ。
アレン、テルーそしてゲドの三人の主人公が、それぞれのドラマを展開する。誰が主役でもなく、群像劇でもないのでテーマとストーリーが噛み合っていない。しかし、「世界の均衡」という難しいテーマだっただけに、監督経験のない(建設コンサルタント、ジブリ美術館館長だったらしい)初監督としてはよく出来ていたと思う。今後に期待したい。
ところで、本作ではスタッフも随分刷新され若返ったようだ。スタジオジブリも1985年の設立以来、数々の優秀なアニメータを輩出してきたが、最近では「GONZO」や「STUDIO 4℃」など優秀なアニメーション・スタジオも増えてきた。スタジオジブリも、これからは若い宮崎監督とともにどのように変わっていくか今後を楽しみにしたい。

公式サイト

« インサイド・マン | トップページ | タイヨウのうた »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ~るさん、三度のおじゃまです。
>作品としては想定内だがイマイチだった
想定内とは言え残念でしたね。ふむ
個人的には想定外で意外に楽しめたかな!?
テーマが非常に重いので、それを表現するには
力量不足が否めないのは確かでしたが。
本作をステップとして新たなる「ジブリ」を創造してほしいものっすぅ♪

purple in satoさん、こんばんわ。
こちらもありがとうございます。
気が付けば、アニメが続いてますね。

結構、期待させるものがあっただけに、辛口の評価は否めないかと。でも、未来のジブリへのステップに違いないので、今後に期待です。

こんばんわ、あ~るさん。
監督はもともと畑違いのところにいた人だったんですか・・・全然知りませんでした。それを考えると、あの難しい話をよくあそこまでまとめたなーと思います。この作品だけで評価してしまうのはナンセンス、今後に期待したいと思います。
何気に評価の低いこの映画ですが、プロモーションが派手だったので、みんな過剰に期待してしまっていたのでは?なんて思ってます。ジブリだし、無理もないですけど・・・。

さばきちさん、こんばんわ。
確かにプロモーションが派手な上、(当たり前だけど)宮崎作品って言われるとつい勘違いしちゃいますね。
とりあえず今後に期待ですね。

こんばんは!TBありがとうございました!
テルーの唄には、感動しました!

猫姫様、こんばんわ。
テルーの唄は素敵でしたね。
宮崎吾朗監督の歌詞も良かったです。
あれだけは父親を超えてました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/11304512

この記事へのトラックバック一覧です: ゲド戦記:

» FUN … 『ゲド戦記』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
【FUN the sunnyday】 [続きを読む]

» 「ゲド戦記」見てきました [よしなしごと]
 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。 [続きを読む]

» ゲド戦記 [ひとりごと]
なんだかあちこちでえらく評価が低いこの映画。ここのレビューなんかもすごいですよ。私が関係者だったら泣きますよ。 でもここまでこき下ろされてると逆に観たくなってくるというか。どんだけひどいのかと妙に確認したくなってきて、怖いもの観たさ半分で行ってきました。 感想として・・・おもしろいとは思わない。というかよくわからない。いや、実はさっぱりわからない。でも、つまんないのかと聞か�... [続きを読む]

» ゲド戦記 06年165本目 [猫姫じゃ]
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、お子様...... [続きを読む]

» ゲド戦記 [映画、言いたい放題!]
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。f(^^;) しかしいきなり評判悪いですね、この作品。( ^ _ ^; でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 多島海世界「アースシー」。 人間界には現れなかった竜が現れた。 聖なる生... [続きを読む]

» ゲド戦記−(映画:2007年95本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:宮崎吾朗 声の出演:岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 評価:58点 公式サイト (ネタバレあります) 世界3代ファンタジーのひとつ、ゲド戦記を宮崎駿の息子、宮崎吾朗が映画化ということで、昨年話題になった作品。 スタジオジブリ...... [続きを読む]

« インサイド・マン | トップページ | タイヨウのうた »