« ケアリイ・レイシェル Kukahi 2006 JAPAN TOUR | トップページ | スーパーマン リターンズ »

2006.08.26

ユナイテッド93

映画『ユナイテッド93』を観た。
ユナイテッド93『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラス監督が、途中墜落したユナイテッド航空93便の機内の出来事を軸に9.11テロ事件を描いた作品。
誰もが知るこの事件の誰も見ることがない現場を、遺族のインタビューなどを基にして丁寧に描き出している。客観的な表現で当日の朝から時系列で淡々と事件を再現して、まるで間近で事件現場を観ているような錯覚に陥る。
ワールド・トレード・センターに旅客機が突っ込むシーンは何度見ても脅威だし、当時見たニュース映像は忘れることが出来ないショッキングな出来事だった。しかし、このユナイテッド航空93便は唯一目的地に到着することなく、ペンシルベニア州に墜落した。その後も事件の内幕は殆ど伝えられることがなく、ユナイテッド航空93便が、何故墜落したかはっきりとは分からなかった。
この映画を観ると、管制官などがぎりぎりの対応を迫られる中、自分達が出来る最大限の対応を行ったことがわかる。93便の乗客たちも、最初は単なるハイジャックの人質でしかなかったが、他の機がワールド・トレード・センターやペンタゴンに突っ込んだことを知ると、自分達の乗っている機もどこかをターゲットに飛んでいることを悟り半に抵抗した結果、目的地に到達することなく墜落した。
彼らは、この事件が前代未聞のテロであることを知り、それに立ち向かった最初の人々だった。「"9.11以後の世界”に生きた最初の人々」、と言われる理由がそこにある。

5年という時間がようやくこの出来事を映画として描くことを許されたのか、映画を観るまで疑問があった。映画を観終わった後では、より生々しく事実を知ったようで、正直、もっと分からなくなってしまった。だが、こうした疑似体験を通して過去の事実を知ることが、今ある世界を自分自身のものとして考える助けになるに違いない。この映画を観ることを体験として、次の世代に伝えていくための最初の一本だ。

公式サイト

« ケアリイ・レイシェル Kukahi 2006 JAPAN TOUR | トップページ | スーパーマン リターンズ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ~るさん。
こちらにもおじゃまですぅ!

本日は「911」ですね。TVでは何処も彼処も特番を組んでいます…
本作は肯定も否定もしないドキュメンタリーの形式をとったことで、より無情な感情が湧き上がったりしました。はぁ~

purple in satoさん、こんばんわ。
5年目の今年は節目になるので、テレビ番組だけでなくこの映画へのTBも多かったです。
10月公開の「ワールド・トレード・センター」(まだ観てませんが)より意義深い作品のように感じました。
本当にため息をついてしまいますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/11779126

この記事へのトラックバック一覧です: ユナイテッド93:

» FUN … 『ユナイテッド93』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
【enjoy summer holiday(?)】 [続きを読む]

» ユナイテッド93 とてもおすすめです! [よしなしごと]
 9・11事件を描いたユナイテッド93を見てきました。テーマが重いだけあって、気合いを入れてみなければ・・・。 [続きを読む]

» ユナイテッド93 [映画、言いたい放題!]
2001年9月11日。 あの日のことはよく覚えている。 珍しく早く家に帰ってテレビを点けたら ワールドトレードセンターのビルがもくもくと煙を上げた映像が。 何度も何度も飛行機が衝突する様を繰り返す映像。 まるで悪夢。 そして2機目が。 その後、ビルが崩れるなんて発想し... [続きを読む]

» 映画「ユナイテッド93」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:United 93 あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・ 2001年9月11日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11... [続きを読む]

» [ ユナイテッド93 ]「9.11」ドキュドラマ [アロハ坊主の日がな一日]
[ ユナイテッド93 ]@銀座で鑑賞 ワールドトレードセンターに2機が激突し、ユナイテッド93 便の乗員と乗客は「9.11」と呼ばれる事件の始まりを知り、目 の前には自分たちを巻き添えにしようとする犯人がいる。 それは報復ではなく、生きるために戦う人たちの姿だった。 マット・デイモン主演の[ ボーン・スプレマシー ]を手が けたポール・グリーングラス監督、渾身の一作。 ... [続きを読む]

» 追悼9.11 ユナイテッド93 06年180本目 [猫姫じゃ]
ユナイテッド 93 2006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ 出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、多かったで...... [続きを読む]

« ケアリイ・レイシェル Kukahi 2006 JAPAN TOUR | トップページ | スーパーマン リターンズ »