« 矢野顕子さとがえるコンサート2006 | トップページ | 土岐麻子 presents 「ウイークエンドがやって来る!」 »

2006.11.28

the Indigo presents 「FUTURE FOLK」レコ発ワンマンライブ

AOYAMA 月見ル君想フで行われた、『the Indigo presents 「FUTURE FOLK」レコ発ワンマンライブ』に参加した。
the Indigo presents 「FUTURE FOLK」レコ発ワンマンライブサポートの宮川剛(dr,prc)、工藤毅(bs)、知野芳彦(g)に加えて正富一成(sax)、中森泰弘(g)がゲストとして参加。
月見ル君想フは今年4月の種ともこのライブ以来二度目。ベルコモンズのある青山三丁目の交差点から外苑西通りを西麻布方面に暫く行き、南青山MANDALA(最近行ってないな・・・)を越えた辺り。
小さなビルの地下で入った所が20名ほどの2階席(ここは大抵関係者席)になっている。そこから階段を下りたところが100名ほど入る立ち見席とステージになっている。ステージには店の象徴とも言える満月をイメージした大きな丸いスクリーンがあり黄色のライトでライトアップされると満月そっくりでキレイ。田岡美樹も「このお月様の前で歌いたかった」と言っていた。決して広くはない会場なので、客席とステージがとても近くてアットホームな雰囲気が好きだ。

the Indigothe Indigoは、田岡美樹(vo,g)と市川裕一(g, kb)の二人(昔は三人だった)によるユニット。市川裕一はコンポーズ/アレンジも手掛けている。彼らの音楽を生で聴くのは初めてだが、メジャーデビュー頃から気になっていたバンドで、今回、念願かなって初参戦となった。

定時を10分ほど過ぎた頃、まずサポートメンバーの三人が登場。続いて、the Indigoの市川裕一そしてボーカルの田岡美樹が登場した。挨拶もそこそこに、一曲目はアルバムと同じ「マスターミュージック」が演奏された。その勢いで一気に4曲ほどの演奏があって、会場も最初から大いに盛り上がった。

MCで一息入った後、最初のゲスト正富一成(sax)が登場。市川裕一とは10年以上の親交があるthe Indigoには欠かせないサポートメンバーとして、「やわらかなくちびる」や「いけないこといっぱい」などでサックスを響かせてくれた。
一旦、正富一成が退場して元のメンバーでアルバム収録曲の「君が笑う夜」「東京」「STAND BY」などが演奏された。田岡美樹が作詞・作曲の「東京」は、等身大の自分を歌った曲で生だととても印象的だった。
その後二人目のゲスト中森泰弘(g)が登場して、Livingston Taylor提供の「Never Lose Hope」を演奏。the indigoには珍しい英語詞だが、バラード調のメロディでしっとりと歌う田岡美樹のボーカルも趣があって良かった。

最新アルバム 「FUTURE FOLK」では、田岡美樹の書く前向きでストレートなメッセージを託した歌詞が印象的だが、アルバム曲では先頭の「マスターミュージック」とラストで歌われた「I ♡(LOVE) YOU」がお気に入り。ライブでも、同じような曲順だったのが嬉しい。「BLUE」「向日葵」「大切なもの」「LIMITER」など昔の曲も多く、ファンは大満足のだったに違いない。最初から最後までステージと一体になって拍手を送るファンが多くて、心が通じ合うようなライブだったのが印象的だった。

アンコールの最後にデビュー曲「BLUE」を歌ったが、途中で思わず涙ぐんだせいか歌詞に詰まってしまった。その後、市川裕一に発破をかけられリベンジで歌った「向日葵」がとても良かった。本当の最後に、再びサポートメンバー総出演で1stアルバムの「大切なもの」が歌われた。ハートフルなライブで大満足で終わった。

CDでは伸びやかに歌う田岡美樹のボーカルが魅力だが、ライブではMCや市川裕一との掛け合いも面白く、楽しいライブだった。徹夜明けで体調が悪かったため前半は立って歌を聞きながら少しウトウトしたが、後半は楽しくてすっかり目が覚め、あっという間に二時間半ほど経ってしまった。ちょっと無理してでも行って大正解だった。

公式サイト

FUTURE FOLKFUTURE FOLK
the Indigo

ジェネオン エンタテインメント 2006-11-08
売り上げランキング : 43984
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 矢野顕子さとがえるコンサート2006 | トップページ | 土岐麻子 presents 「ウイークエンドがやって来る!」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。僕も当日見に行きました。インディゴさんのライヴを見たのは3人時代からですw月見ルはいい感じでしたね。アンコールの突然の涙にはちょいドキっとししたが(笑)。今後のインディゴも要チェックですね!

as@-kenさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。アンコールの涙はちょっと意味深かと思っちゃいましたが、スグに何事もなかったかのように歌いだして安心しました。(^_^;)
期待以上のライブで、早くも次回が気になります。(^o^)丿

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/12862130

この記事へのトラックバック一覧です: the Indigo presents 「FUTURE FOLK」レコ発ワンマンライブ:

» the Indigoライブ! 月見ル君想フにて『FUTURE FOLK』レコ発ライブ開催 [日々の記録]
昨日は月見ル君想フへ、田岡美樹さんと市川裕一さんのユニット、 the Indigoのライブを観に行ってきました! 久しぶりのライブなのですごく楽しみにしてたんですよね。 “月見ル君想フ”に行くのも初めてでしたし。 今回は、アルバム『FUTURE FORK』レコ初ライブということで 『FUTURE FOLK』収録曲をたっぷりと聴かせてくれました。 CDでは何度も聴いてるんですけど、ライブで聴いてみると 楽曲の幅の広さを改めて感じましたよ。 どの曲も良かったんですけど、新しいアルバムの曲の中で ... [続きを読む]

« 矢野顕子さとがえるコンサート2006 | トップページ | 土岐麻子 presents 「ウイークエンドがやって来る!」 »