« ワーグナー歌劇「タンホイザー」 | トップページ | デジャヴ »

2007.03.24

蟲師

大友克洋監督の映画『蟲師』を観た。
蟲師大友克洋の作品と言うだけで観る人は多いはず。僕もそんな一人だ。しかも、実写作品は『ワールド・アパートメント・ホラー』(1991)以来16年ぶりとなる。今回は、小椋事務所の社長が自主制作映画『じゆうを我等に』を観てオファーを送り続けて実現したと言う。僕も、紀伊国屋ホールで『じゆうを我等に』を観た一人として感慨深いものがある。

100年程前の日本が舞台だが、日本各地のロケで撮られたことがこの作品の大きな魅力だ。日本人の原風景が至る所に取り込まれ、子供の頃見た水木しげるの漫画の世界を思い起こさせた。その世界で、オダギリジョーが演じる蟲師のギンコが日本中を旅している事に妙にリアリティがある。その時代、場所に自分がいるような錯覚に陥るほどで、見たはずのない日本のどこかの風景にシンクロしてしまう。日本をニュージーランドロケで撮った『どろろ』とは対照的だ。思わず日本人に生まれてよかったと思えてしまう。蟲と一緒に失われていく日本の自然を改めて思い出させてくれる、そんなファンタジー映画だった。ただ、ラストはよく意味が判らなかったけど・・・

アニメーション作品では、大友監督の描く完璧な絵コンテを忠実に実現している。本作でも完璧な絵コンテが描かれているそうだが、実写作品なので、ロケ地の状況やその場のタイミング、役者の演技、個性によって違う結果になる。実際にスタッフの意見などを取り入れて、ある程度自由な発想で進めたようだ。そんなファジーな要素が、逆に自然でよい結果に繋がったようだ。アニメーション作品とは違う魅力になっている。

原作漫画は映画を観終わってから読んだが、120分で完結する映画とは違い1話完結の連載作品なので、様々なキャラクタが登場して作り上げる世界観が面白く興味深い。まだ1巻しか読んでないので残りが楽しみ。

公式サイト

« ワーグナー歌劇「タンホイザー」 | トップページ | デジャヴ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/14375750

この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師:

» 映画「蟲師」 [しょうちゃんの映画ブログ]
「スチームボーイ STEAMBOY」の大友克洋監督作品。妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行われたロケハンで見出された美しく幻想的な日本の原風景の中に綴られ...... [続きを読む]

» 蟲師 07076 [猫姫じゃ]
蟲師 2007年   大友克洋 監督・脚本  漆原友紀 原作オダギリ ジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりぃ 李麗仙 ゆっくりと流れる時間、音楽も良い、ストーリー自体も興味をそそられる、独特の、すごい世界観。 だがしか〜し! 完全お手上げです、、、 ...... [続きを読む]

» 【2007-42】蟲師(むしし) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
精霊でも幽霊でも物の怪でもない、 妖しき生きもの「蟲」(むし)。 100年前の日本。 「蟲」が引き起こす不可思議な現象を解き明かし、 人々を癒し、救う者を「蟲師」(むしし)と呼んだ。 この世の不思議は、「蟲」の仕業かもしれない。 蟲を感じたら お知...... [続きを読む]

» 「蟲師」不可思議な事柄にも理由はあるのです [soramove]
「蟲師」★★★ オダギリジョー、蒼井優主演 大友克洋監督 かつての日本には「蟲」が不可思議な 現象を引き起こしていた、 その蟲と共生し、時には行動を封じるのが オダギリジョー演じる蟲師だ。 ストーリーを追うより 不思議な時代の不思議な現象を 映画館...... [続きを読む]

» 蟲師 [悠雅的生活]
100年前の日本には、蟲がいた・・・ [続きを読む]

» 『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
オダギリジョーついに結婚!?相手方の母親とも話はもうしていて、何の障害もないそうで(笑)ということで、オダギリジョー結婚発表記者会見・・・ではなく映画『蟲師』舞台挨拶へ行ってきた。 今日は、役所広司・鈴木京香・堀北真希のアルババと被っていたから、そっちは完...... [続きを読む]

» オダギリジョー [ホクロの話]
独特の雰囲気が人気のオダギリジョー。1976年2月16日生まれ、岡山出身のオダギリジョーは、あごの右側に1つ、右の頬(鼻寄り)に1つ、左の頬(エラ付近)に1つホクロがある。目立つところは3つだ...... [続きを読む]

» 蟲師 -むしし- [シネクリシェ]
 原作は未読なので、映画がどれくらい原作に近いかはわかりませんが、泉鏡花からの強い影響が感じられる伝奇映画です。  また、溝口健二『雨月物語』を彷彿とさせるとこ [続きを読む]

« ワーグナー歌劇「タンホイザー」 | トップページ | デジャヴ »