« クラムボン "日比谷野外音楽堂ライブ" | トップページ | Bophana "活動休止前、最終ライブ!" »

2008.09.02

羊毛とおはな "羊毛とおはなとゆかいな仲間たち LIVE IN LIVING '08"

パルコ劇場で行われた、"羊毛とおはなとゆかいな仲間たち LIVE IN LIVING '08"に参加した。
Img003s
千葉はなさんの歌声に惹かれて羊毛とおはなを聴くようになってから、早くも7回目のライブ参加になる。
今日は、7月22日発売のニューアルバム『LIVE IN LIVING '08』のレコ発ワンマン。会場のパルコ劇場は、客席全体が傾斜になり前の人の頭が被らないようになっているのに加え、席は4列目の中央と理想的な位置だ。(しかも、なぜか両脇の人が来なかった)おかげで、存分に楽しむことができた。

今回のライブは二部構成で行われ、第一部は二人だけのアコースティック形式(1曲だけ、パーカッションのサポートがあり)、第二部はサポートメンバーを入れてのバンド形式で行われた。

第一部のステージには小さなテーブルを中央に両脇に二つの椅子。テーブルの上には花を生けた花瓶が飾られ、いつものように向かって左手に羊毛こと市川和則(Gt.)、右手におはなこと千葉はな(Vo.)が腰掛けていた。羊毛さんはいつもと同じ様なシャツにパンツ姿だが、はなさんはちょっとドレスアップして登場。ワンマンへの気合が見える。
1曲目は、本門寺でも披露されたNOKKOの『人魚』をカバー。はなさんの歌声が曲のイメージにマッチした、僕も大好きな曲だ。フェアー・グラウンド・アトラクションの名曲『Perfect』も歌われたが、これまた大好きな曲なので嬉しかったな。
他にも、『雨にぬれても』『Englishman In New York 』などカバー曲と、『明日は、』『波音』『白いキャンバス』などオリジナル曲が歌われた。曲配分は、アルバムと同じようにオリジナルとカバーが半々で、ステージセットと合わせて"LIVE IN LIVING"の雰囲気を生演奏で存分に味わえた。

第二部はバンド編成で、ステージの奥を仕切っていた幕が上がると、奥にバンドメンバーのセットがスタンバイされていた。客席の明かりが落ちて暗い中、バンドメンバーと羊毛さんが登場すると、シルエットからみんな被り物をしているのが分かり会場からは笑いが。演奏が始まり、ステージに明かりがともされると、全員、動物の耳をつけて演奏している。
サポートメンバーは、塚本タカシ(Pf./熊さん)、須長和広(Wb./犬さん)、神谷洵平(Dr./猿さん)。そして、羊毛こと市川和則(Gt./羊さん)。そして、千葉はなさん(Vo./女の子)が子供服を思わせるワンピース姿で登場。
『手をつないで』、『揺れる』と2曲歌った後、挨拶とMC。はなちゃんが「みんなノリが良くてよかった。」と話すと、ちょっと苦笑いしてたような。
そして、"森で迷子になった女の子の後ろで、森の音楽隊(動物たち)が演奏している"をイメージした『ララルララルララ』。勿論、メンバーを動物に例えた格好はこの曲をイメージしたものだ。迷子になった女の子役がはなちゃんで、森の動物の役をバンドメンバーが扮する、そんなお茶目な楽しいライブになった。
数曲歌ったところで、はなちゃんが「みんな、とってもいいよ。」と言ったら、被り物を一斉に外していたのがちょっと笑えた。
その他、『手のひら』『ナチュラル』『輪』など第二部はオリジナルが中心だった。いつもはデュオが魅力的だけど、今日のバンド編成はかなり良かったな。
最後は、羊毛とおはなのテーマソング『風に吹かれて』で決めてくれた。

アンコールは『おまもりのうた』(やっぱりこれがなきゃ)と『カントリーロード』。『カントリーロード』は、映画『耳をすませば』と同じ日本語バージョン。アカペラで歌ったイントロが、はなさんの声質にマッチしていて結構ハマった。どれもいい曲、いい歌、いい演奏で大満足の一日だった。

彼らのCDやライブを聞いていると、カバー曲とオリジナルが区別つかないほど、自然に溶け込んでいるのが大きな魅力。今日はバンド編成も含めて、日々進化している感じがした。そう言った意味でも、今回はこれまでの彼らのライブの中では一番良かった。

早くまたワンマンをやって欲しいね。


※セットリストはmixiのてるさんの日記を参考にさせていただきました。

LIVE IN LIVING’08LIVE IN LIVING’08
羊毛とおはな

インディペンデントレーベル 2008-07-22
売り上げランキング : 8655
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« クラムボン "日比谷野外音楽堂ライブ" | トップページ | Bophana "活動休止前、最終ライブ!" »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

本門寺でのアコ編成も良かったけど、バンドも楽しそうですね。このところまた忙しくて音源のチェックも出来ていなかったので、もうちょっと早く出会えていたならと後悔してます。
先ずは音源を聴いてみますね。

まだメジャーデビュー1年目のバンドなんで、これからが楽しみです。mikeさんも、機会があれば是非一度、ワンマンも参加して感想を聞かせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11593/42458896

この記事へのトラックバック一覧です: 羊毛とおはな "羊毛とおはなとゆかいな仲間たち LIVE IN LIVING '08":

« クラムボン "日比谷野外音楽堂ライブ" | トップページ | Bophana "活動休止前、最終ライブ!" »